日本に数台のレアカーも! 貴重な旧車が勢ぞろい「お台場旧車天国 2017」

今年で5回目となる「お台場旧車天国 2017」が11月19日(日)に開催されました。クラシックカーをはじめ、普段はなかなか見ることのできない軍用車や、日本に数台しかないといわれるレアカーなどが集結する、クルマ好きにはたまらないイベントです。今年は、招待車両を含めた計685台が登場しました。各エリアの様子と注目のクルマをご紹介します。

量産化から50年!「マツダロータリー天国」

2017年は、マツダのロータリー誕生50周年という記念すべき年。こちらのエリアでは、マツダロータリーエンジンを搭載する希少車が勢揃いしました。

真っ白でスタイリッシュなボディは、マツダ初のスポーツカーで1967年発売の「コスモ スポーツ」。総生産台数はわずか1176台のレアカーです。ランクやテールランプの形には、どこか近未来的な雰囲気を感じます。一度は走っている姿を見たくなるフォルムです。

精悍で威厳のあるデザインは、「マツダ サバンナ クーペ」。展示されていたのは、8トラックカーステレオを標準装備した豪華モデルのGSⅡです。

北米市場専用モデルとして販売されたため、日本では馴染みが薄い「マツダ ロータリーピックアップ」。ピックアップトラックとしては、世界で唯一のロータリーエンジン搭載車です。

この他にも、初代RX-7、コスモAP、ファミリアクーペなど、約10台のレアカーが展示されていました。

1985年以前の貴重なクルマが勢揃いする「天国エリア」

招待車の他に、一般参加者が展示をする「天国&地獄エリア」も大盛況。なかでも、1985年以前に作られたクルマを集めた「天国エリア」は、毎年注目を集めています。

真っ赤なボディにライトのフラッグチェックがかわいらしいのは、「いすず ベレット1500デラックス」。トランク部分には、なんと本物のトランクを載せています。オーナーのセンスの良さが光るクルマでした。

通称「ダルマ」こと「トヨタ セリカ1600ST」。WRCに参戦したTA22型です。オレンジの車体は、旧車と思えないほどピカピカで、オーナーの愛が伝わってきます。

コロナ2代目である「トヨペット コロナ・デラックス」。落ち着いたネイビーブルーのボディにところどころ散りばめられた赤サビがアクセントになっています。ミラーやライト、バンパーなど、細かい部分まで手が込んでいて、まさにクラッシク!な美しいラインを持つクルマ。

国産車では唯一の2サイクル単気筒ダブルピストンエンジンを搭載した「ホープ自動車 ホープスター」は、現存数がわずかの絶滅危惧種。なんと、現役車だそうです!

毎年大人気!「全日本ダットサン会」

お台場旧車天国には、旧車の愛好会が交流するクラブも多数参加しています。なかでも、ダットサンの愛好家が作る「全日本ダットサン会」は、今年で創立30周年ということもあり、たくさんのダットサンが集結していました。

こちらのミニステージでは、元日産自動車の石川康雄さんによるトークショーを開催。イベント中は観覧者が後を絶たず、多くの人だかりになっていました。

子どもも大人も大喜び! マニアックなクルマたち

またイベントにはクルマに詳しくない大人や子どもでも、思わず足を止めてしまう“面白いクルマ”も大集合しています。

カーアクションが人気を呼んだアメリカの特撮テレビドラマ『ナイトライダー』に登場した「ナイト2000」。こちらはフロントの赤いライトを光らせながら、ナイト2000が作中でしゃべっていたセリフを話します! 大人にはなつかしいクルマですね。

「トヨタメトロポリタン型救急車」は、ボディはクラウンの顔をしていますが、心臓部にはトヨタ型4000CC 6気筒エンジンを搭載しています。1975年まで消防署で使用され、その後はテレビや映画でも使われました。その後、30年以上もひと目に触れず保管されていたそうです。

三輪のメッサーシュミットは貴重な存在ですが、こちら四輪型「メッサーシュミット Tg500」は、総生産台数がわずか400台ほどといわれ、国内ではわずか1桁台しか確認されていないクルマ。1957~1961年に生産されていたとは思えないほど、近未来的なボディです。

こちらは現代アートユニット「Yotta(ヨタ)」が手がける石焼きいも販売車。トヨタセンチュリーをベースに、オリジナルのデコトラパーツを装着しています。秋から冬にかけて全国を走り、焼きいもの販売をしているとのこと。ちなみに売られている焼きいもは、徳島産最高級の鳴門金時「里むすめ」を使用しているというこだわりようです。

栄えある「お台場旧車天国2017 天国賞」に輝いたのは!?

イベントのラストを締めくくるのは、ステージで行われるアワード表彰式。さまざまなクルマやバイクが受賞するなか、栄えある「天国賞」に輝いたのはこちらのクルマでした。

オート三輪こと「ダイハツ ミゼットDSA」が選ばれました。本来のオーナーはお父さまとのことですが、以前もオート三輪を所有していたそうです。こちらのクルマは営業ナンバーを取得済みで、これからも仕事でどんどん使っていきたいと語っていました。

この他にも、場内を懐かしいボンネットバスで走る試乗体験や、ラジコン機関車の乗車体験、おいしい料理が楽しめるフードエリアなど、さまざまなイベントが目白押しでした。
今年はすでに終了してしまいましたが、2018年も11月18日(日)に開催予定とのこと。今年は参加できなかった人も、来年はぜひ遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

(文・写真:ヤマウチ 編集:ミノシマタカコ+ノオト)

[ガズー編集部]

注目キーワード

#86#BRZ#GRヤリス