アウトドア趣味人が集う、ジムニーフリークの聖地「APIO」

1970(昭和45)年に発売され、現在でもコンパクトな4WDとして人気の高いスズキ「ジムニー」。そんなジムニーに魅せられた人で知らない人はいない、ジムニーフリークの“聖地”が神奈川県綾瀬市にある「APIO」です。アピオはジムニーの専用パーツの企画・開発・販売を行い、実店舗「ジムニープロショップ アピオ」を展開。一台のクルマに特化した専門店ということだから、大きなホームセンターのようなものを想像していましたが、ちょっと違う。もちろんカスタマイズされた部品もたくさん並べられているのですが、それ以上にジムニーの魅力が詰まった空間です。

「こうなれば……」からすべてが始まった

創業者の尾上茂さん
創業者の尾上茂さん

創業者の尾上茂さんは根っからのクルマ好き・イジリ好き。整備専門学校を卒業後、ディーラー・整備工場で働いた後、1969(昭和44)年に「有限会社 尾上自動車」を創業。これがアピオの前身です。創業当時は一般的な自動車整備工場でしたが、ジムニー専門店になったのは1981(昭和56)年にジムニーSJ30を手に入れたことがきっかけ。

SUZUKI JIMNY SJ30
SUZUKI JIMNY SJ30

性能も乗り心地もイマイチだったジムニーに、尾上さんが独自で部品を開発し、取り付けたところ、驚くほど乗り心地が改善。改造されたジムニーの走りを見た仲間内から「売って欲しい」という要望も多かったことから、量産を決意。大手自動車部品メーカー「ニッパツ(日本発条)」に売り込むも門前払いされたが、粘り強く提案し続けたところ製品化が決まったそうです。これを機に、ジムニー専門店として歩み出し、社名も「株式会社 オノウエ自動車」に変更。「APIO(Auto Parts Import Onoue)」というジムニー関連のブランドを立ち上げました。
ラリーを通じて尾上さんと現社長の河野仁さんが出会ったのは1993年。その年、河野さんが入社し、1997(平成9)年、まだ大手企業でも少なかったホームページを自社で開設。2001(平成13)年には、カード決済ができる通信販売として、当時5期目を迎えた楽天市場内に出店。2002年には社名も「アピオ株式会社」に変更しました。

じっくり、ゆっくり、愛車を想う空間

「ジムニープロショップアピオ」は、スズキの正規代理店であり、奥のピットでは、新車をベースにオリジナルパーツで構成したコンプリートカー製造も行われます。コンセプトは「10年後を後悔しない」。この10年以上年間130台前後売れているそうです。
店内には、丸テーブルの打ち合わせ&休憩スペースがあり、ちょっと愛車の状態をチェックしてもらう間などにピッタリの空間です。

ジムニーのアピオオリジナルパーツは、創業者の尾上さんの発案のものや、社内のアイディア会議から生まれたものなど、およそ1000点以上。そのうち、タイヤホイールやシート、マフラーなど一部を店頭で販売。他のパーツはカタログでチェックすることができます。

また旅好きに人気のトラベラーズノートや、横濱帆布鞄とコラボした様々な大きさのバッグも販売されていて、男性のみならず、女性も楽しめる空間です。またジムニー関連の書籍も豊富に揃っています。

「道具」ではなく「相棒」

「昔はジムニーそのものを趣味としてジムニーに乗る人が多かったですが、今は自分の別の趣味のためにジムニーを相棒にする人が多くいらっしゃいますよ」と河野さん。釣りやカメラ、登山にサバゲー、狩猟など、アウトドアの趣味を謳歌する人がジムニーを愛車にする傾向があるようです。どうやら、移動する「道具」というより、自分の人生の「相棒」と思う人が多いようです。普段外車に乗っている人でも、アピオに来てジムニーを試乗すると「久しぶりに運転した気がする」、「クルマの運転がこんなに楽しいなんて!」など、晴れ晴れした顔で話すお客様や、自分の趣味の話をする人も多いようです。きっとジムニーというクルマには、何か心がワクワクする魔法のようなものがあるのかもしれません。

アピオ代表取締役社長 河野仁さん
アピオ代表取締役社長 河野仁さん

河野さんももちろんジムニーを相棒としてともに旅に出る一人。「世の中には様々な快楽があるけれど、移動するもの快楽」と河野さん。自身のトラベルノートには、今までジムニーで走った場所のロードマップと、旅での感想や思い出に残ったアレコレがイラストとともに描かれています。

河野さんのトラベルノート
河野さんのトラベルノート
トラベルノートのマンスリーページにはその日の絵日記も
トラベルノートのマンスリーページにはその日の絵日記も

ちなみにアピオでコンプリートカーをオーダーしたお客様に、「これからジムニーと一緒に人生を刻んでください」とトラベルノートをプレゼントするそうです。素敵ですね。

アピオの刻印が押されたトラベルノート
アピオの刻印が押されたトラベルノート

ジムニーとは人生の相棒。この四駆の軽自動車は人生を楽しむ人に愛されるクルマ。アピオはそんなジムニーとともに人生という旅に彩りを加え、楽しむ方を応援する専門店です。

<店舗情報>
ジムニープロショップ アピオ
神奈川県綾瀬市吉岡651
0467-79-3732
10:00〜19:00
休:水曜・祝日

<取材協力>
アピオ株式会社
URL:http://www.apio.jp/

(取材・文:別役ちひろ 編集:ミノシマタカコ+ノオト)

[ガズー編集部]

あわせて読みたい!

  • 東京オートサロン出展の「ジムニー」全見せ!(1/3) ~ランクル、メルセデスG、ディスカバリー風 ジムニー!~
    東京オートサロン出展の「ジムニー」全見せ!(1/3) ~ランクル、メルセデスG、ディスカバリー風 ジムニー!~
  • 東京オートサロン出展の「ジムニー」全見せ!(2/3) ~あなたはどのジムニーにする?~
    東京オートサロン出展の「ジムニー」全見せ!(2/3) ~あなたはどのジムニーにする?~
  • 東京オートサロン出展の「ジムニー」全見せ!(3/3) ~あなたはどのジムニーにする?~
    東京オートサロン出展の「ジムニー」全見せ!(3/3) ~あなたはどのジムニーにする?~
  • 【動画】スズキ・ジムニー 試乗インプレッション 試乗編
    【動画】スズキ・ジムニー 試乗インプレッション 試乗編

コラムトップ

注目キーワード

#86#BRZ#GRヤリス