ランクル、ハイラックス、FJクルーザーで泥んこ遊び!宮城トヨタ「4駆祭り」

思いっきりオフロードを楽しむ。宮城トヨタグループの4駆祭り

全国のトヨタ系販売店ではさまざまなイベントを開催していますが、宮城トヨタグループ(以降MTG)が毎年開催する「MTG 4駆祭り」は、国際格式のモトクロスコースを貸し切り、プロドライバーによる同乗走行や、社員インストラクターが同乗し、お客様がランドクルーザーやハイラックス、FJクルーザーなどの試乗車で走れ、さらにマイカーのランドクルーザーなどでフリー走行もできるスケール感あるイベントです。走り甲斐のある全長約1.7kmのスポーツランドSUGOのインターナショナルモトクロスコースは、この日ばかりは4駆天国になります。今年は人気のハイラックスやマイナーチェンジをしたランドクルーザープラドも加わり、バラエティーに富んだ試乗車をラインナップ。お客様はもちろん、社員も思いっきりオフロードドライブを体感しました。今年もドライバーとして参加させていただきました。私も大好きなイベントです。

クルマで泥んこ遊び。少年のように心、踊る

ハイラックス、ランドクルーザー70、FJクルーザー、ランドクルーザープラドのなかから、好きなクルマを運転してモトクロスコースを走れる

ランドクルーザープラド、ハイラックスといった現行販売しているクルマだけでなく、過去限定発売されたランドクルーザー70(バン・ピックアップ)、そして販売終了となったFJクルーザーまで、自分で好きなクルマを選んでドライビングできるオフロード走行は、朝から大人気です。本来であれば販売しているクルマだけでよいのではと思う方もいるかもしれませんが、少しでもオフロードを楽しんでいただく機会を増やそうと、過去試乗車であったクルマや今年の東京オートサロンに出展した桜色のFJクルーザーまで、惜しげもなく用意して台数を増やしてくれました。

かなりカスタマイズした愛車でオフロードを楽しむ
かなりカスタマイズした愛車でオフロードを楽しむ
ハイラックスの試乗がオフロードでできる、ある意味とても贅沢な試乗
ハイラックスの試乗がオフロードでできる、ある意味とても贅沢な試乗
ぬかるんだ場所でアクセルを踏めば横に滑り出す。でもオフロードコースなのでとても安全。それにしても今年のオートサロンに展示したFJクルーザーを試乗車にするMTGの心意気がすごい
ぬかるんだ場所でアクセルを踏めば横に滑り出す。でもオフロードコースなのでとても安全。それにしても今年のオートサロンに展示したFJクルーザーを試乗車にするMTGの心意気がすごい

お客様がドライブするとき、MTG社員が助手席や後部座席に同乗し、クルマの解説はもちろんドライビングの仕方などをレクチャーしてくれます。ふだんからランドクルーザー、FJクルーザーが愛車でオフロードを走っているMTG社員が同乗してくれるので、お客様も安心してドライブできます。今回は特に家族での参加が多く、昔ハイラックスサーフやランドクルーザーに乗っていて、ディーゼル規制や家族が増えたのでミニバンなどに乗り換えを余儀なくされたという方が多かったです。現在はランドクルーザープラドもハイラックスもクリーンディーゼルエンジンなので、お父さんも、とにかくオフロードでまた4駆に乗ってみたいと。もちろんお子さんたちは大喜びです。するとお母さんも笑顔になり、お父さんもミニバンでは味わえない4駆ならではのわくわくするドライブを楽しんでいます。限定発売だったランドクルーザー70に、買えなかったけど一度はオフロードをドライブしてみたかったという方も多く、クルマを泥だらけにしながら、クルマを楽しんでいます。
またマイカーで来場したお客様のコースは今まで300mくらいでしたが、今回は1.7kmとモトクロスコースのほぼ全域を走れるようになって大喜びです。モトクロスコースなのでコース幅も十分で、登りなど前が見えにくいところはMTG社員が誘導してくれるので安心して走れます。愛車のオフロードでの走破性の高さをあらためて体感し、さらに愛着が湧いているのが伝わってきます。今回はMTGに入社間もないサービスエンジニアがイベントスタッフとして参加し、ベテラン社員とともに、まるでアミューズメントパークのスタッフのようにオーバーアクションで誘導してくれ、これがおもしろく、車内から子供たちがスタッフに手を振ってこたえています。

旗を持ちオーバーアクションでGOサインを出すMTGスタッフ。お客様にとてもウケていました
旗を持ちオーバーアクションでGOサインを出すMTGスタッフ。お客様にとてもウケていました
試乗で人気のあったランドクルーザー70ピックアップ。オーストラリアの農道を走っているように見える
試乗で人気のあったランドクルーザー70ピックアップ。オーストラリアの農道を走っているように見える
愛車でオフロードを走る。その悪路走破性の高さに惚れ惚れするオーナー
愛車でオフロードを走る。その悪路走破性の高さに惚れ惚れするオーナー
4駆でオフロードを走ったあとはみな笑顔
4駆でオフロードを走ったあとはみな笑顔

昼休みは、社員のフリー走行時間。ランチを早々に済ませ、乗りたいクルマに飛び乗り、次々乗り比べをしていきます。このイベントはお客様にオフロードをクルマとともに楽しんでいただくのはもちろん、社員にとってもオフロードをさまざまなトヨタの4駆で走れる貴重な機会。みなさん貪欲に走っています。カタログを見ただけではわからない、クルマが持つエモーショナルな部分を体感することが、クルマに関わるプロとしてとても重要だと思いますし、実践しているMTGの活動はすばらしいと思います。

プロドライバーの走りは圧巻。車内は絶叫、笑顔で溢れる

(右から)ダカールラリーをはじめ数々の国際クロスカントリーラリーで好成績をおさめる三橋さん。昨年に続きアジアクロスカントリーラリーにハイラックスで参戦するJAOSの能戸さん、そして私
(右から)ダカールラリーをはじめ数々の国際クロスカントリーラリーで好成績をおさめる三橋さん。昨年に続きアジアクロスカントリーラリーにハイラックスで参戦するJAOSの能戸さん、そして私

トヨタの4駆のオフロード性能の高さを体感していただこうと、今回は三橋淳さん、能戸知徳さんそして私の3名が、お客様を乗せ、ほぼ市販車のままのクルマの性能を引き出しながらコースを疾走。三橋さんは、ダカールラリーの市販車部門で6回優勝経験を持つ日本を代表するドライバー。今回はランドクルーザープラドを担当。能戸さんは今年もアジアクロスカントリーラリーにハイラックスで参戦するドライバー。今回はFJクルーザーを担当。私はランドクルーザー200を担当しました。

左側にあるルートは、斜度30度で75mある登り。ここはプロドライバーだけ走り、お客様は右のワインディングを緩やかに登る
左側にあるルートは、斜度30度で75mある登り。ここはプロドライバーだけ走り、お客様は右のワインディングを緩やかに登る

お客様の代表的な感想をまとめてみますと「なんでそんなにスピード出して走れるの?」「大きなランクルがきついコーナーをコンパクトに曲がれるんですか?」「走っているのを外で観ていて想像していたより、乗り心地がいい!」「重そうに見えるランクルがこんなに軽快に走るなんてびっくり!」など。コースで安全管理をしてくれているMTG社員が、エンターテインメント性を持って頑張っていたので、なおさらこちらもまるでアトラクションの乗り物のように、スリリングでエキサイティングなドライビングでお客様に楽しんでいただきました。

三橋さんの果敢な走り。市販車の性能をドライビングでうまく引き出しながら、丁寧に走る

能戸さんの走り。ジャンプしていますが、アジアクロスカントリーラリーで培ったノウハウを注入したJAOSのサスペンションを装着しているので、気持ちよく走れる

私の走り。ランドクルーザー200はダカールラリーでも乗っていた思い入れのある大好きなクルマ。ビッグボデーを感じさせない走りをするのが楽しい

プロドライバーのドライビングは、耐久性を踏まえた上でクルマの性能を最大限引き出すから、同乗者にとっては想像以上の走りに驚きそして興奮してくれる

58年前に地球を縦断したランクルは子供たちに大人気

世界初の地球縦断を果たしたランドクルーザー
世界初の地球縦断を果たしたランドクルーザー

以前、コラムでも紹介しましたが、昭和35年にアラスカを出発し、北米大陸、南米田陸を縦断したランドクルーザー(FJ28VA)が展示だけでなく、アスファルトの上だけですが走行する姿も披露されました。昨年レストアした際に、走行するまで復元していたのですが、今回はさらに4駆に入るまでレストアされていました。さすがにオフロードは走りませんでしたが、MTG社員の小幡さんが、時間を作ってこつこつ直し、無い部品は自分で作って直してきました。その思いが詰まっているからか、来場者の特に子供たちから大人気。クラシカルなスタイリングも子供たちから見れば、まったく新しい乗り物に見える。公園にあるかわいい形をした遊具に興味を持つような感じに見えました。

子供たちに大人気の桜色のランドクルーザー

オフロード走行のほかにも楽しさいっぱいのイベント

メイン会場ではホイールやサスペンション、マフラー、キャリア、タイヤなど、パーツメーカーブースがあり、カスタマイズの相談に乗ってくれます。そしてスポーツランドSUGOの協力により、ヤマハのキッズバイクに乗れるコーナーやラジコンで遊べるコーナーなど、子供たちにとってまさしくワンダーランド。さらに賞品がもらえるイベントもあり、お母さんや子供たちが盛り上がりました。その家族みんなで盛り上がっている光景を見ていたら、80年代から90年代にかけ盛り上がったRVブームを思い出しました。4駆に乗って、夏はキャンプでBBQ、冬はゲレンデでスキーなど、家族でアウトドアを楽しむライフスタイルです。現代はひとり1台持つスマホを見ながら、モニター越しにオンラインで個がつながるライフスタイルが多くなってきました。しかし今回のイベントに参加している家族が、笑顔で話し合っている光景を見ていたら、やはりまた4駆に乗って家族でアウトドアを楽しんでもらえたらうれしいなと思いました。ランドクルーザーやハイラックスは、家族の楽しい思い出を増やしてくれる魔法の乗り物だと、私は思っています。

アフターパーツが充実しているのも4駆のいいところ。自分だけの1台をカスタマイズできる
アフターパーツが充実しているのも4駆のいいところ。自分だけの1台をカスタマイズできる
親子で楽しめるキッズバイクも大好評
親子で楽しめるキッズバイクも大好評

最後までいたお客様には豪華賞品が当たるイベントを実施

たくさんのMTGスタッフでイベントを運営。お客様だけでなく自分たちも4駆に乗ってクルマの楽しさを体感した
たくさんのMTGスタッフでイベントを運営。お客様だけでなく自分たちも4駆に乗ってクルマの楽しさを体感した

(文/寺田 昌弘)
(写真/茅原田 哲郎)

関連記事

  • 57年前に地球を縦断したランドクルーザーFJ28VA 長い眠りから覚め再び動き出すまでの軌跡
    57年前に地球を縦断したランドクルーザーFJ28VA 長い眠りから覚め再び動き出すまでの軌跡
  • モトクロスコースをランクル、C-HRで走る、宮城トヨタの「4駆祭り」
    モトクロスコースをランクル、C-HRで走る、宮城トヨタの「4駆祭り」

注目キーワード

#86#BRZ#GRヤリス