新しい年に願いを込めて!田沢湖金色大観音へドライブ 秋田県仙北市

東北自動車道盛岡ICから仙北市の「ホテル森の風田沢湖」まで、車で約60分。ホテルに隣接する公園に立つのは、鋳造黄金観音像として日本一の大きさを誇る金色大観音像。本尊台座内には「観音資料館」があり、胎内くぐりや曼荼羅宮、十二支御守本尊の参拝などができるほか、公園内には蓬莱池や七福神めぐりなどの見どころがあり、新春の散策にふさわしい。1月1日午前0時には除夜の花火奉納が開催され、新年への願いを込めて108発の花火が打ち上げられる。破魔矢や熊手などの縁起市も開かれる予定だ。初詣に金色の大観音を参拝すれば、おめでたい一年となるかも?!
金色大観音像から車で約35分、角館武家屋敷の岩橋家では2018年3月31日まで「角館冬がたり」を開催。「かくのだて歴史案内人」が角館の歴史や雪国の暮らしぶりについて、地元なまりで語ってくれる。武家屋敷散策とあわせて訪れてみたい。

駒ケ岳を仰ぎ見る総丈35mの大観音は、昭和62年(1987)に開運招運を願って造られた。

「角館冬がたり」にも登場する武家屋敷通り。語り部の話を聞いてから歩くとより興味深い。

「角館冬がたり」が行われる、武家屋敷通りにある岩橋家。

囲炉裏を囲んで暖まりながら、ゆっくりと話に耳を傾けよう。

■田沢湖金色大観音
観音像の台座内には、観音の生い立ちなどを説明する三十三観音堂や、曼陀羅宮などがある。四国霊場・八十八カ所巡拝お砂踏みもできる。
住所:秋田県仙北市田沢湖生保内字下高野82-117
TEL: 0187-46-2016 (ホテル森の風田沢湖)
駐車場:あり(1000台/無料)
アクセス:東北自動車道盛岡ICから約60分
料金: 拝観料(300円)

■角館冬がたり
角館町の武家屋敷で、囲炉裏を囲みながら角館の歴史や冬の暮らし、枝垂れ桜のいわれなど、語り部による話を聞く催し。「かくのだて歴史案内人組合」により、20年ほど前から行われてきた。
期間:12月~翌年3月の毎週金~日曜・祝祭日
アクセス:秋田道大曲ICから約40分
時間:11時30分と13時30分の2回(一席30分)
料金:無料 定員:20名
※上記以外の期日、最大20名限定の貸し切り「特別冬がたり」(有料/一席5000円)もあり。3日前までに要予約。
URL:http://kakunodate-annai.jp/

ドライブ情報はこちら

  • ドライブTOPへ
    ドライブTOPへ
  • 仙北市TOPへ
    仙北市TOPへ

MORIZO on the Road