ライトアップされた大イチョウと人気の温泉郷へ秋のドライブ 熊本県小国町

大分自動車道日田ICから小国町の「下城(しもじょう)の大イチョウ」まで、車で約50分。下城地区にあるこのイチョウは幹回り約12m、高さ約25mの県下最大の大イチョウだ。樹齢は1000年以上で、昭和9年(1934)には国の天然記念物に指定された。10月中旬から11月上旬頃の夜間はライトアップされ、黄葉した見事なイチョウが幻想的な姿を見せてくれる。
「わいた温泉郷」は小国町を訪れたら立ち寄りたいおすすめの温泉郷。小国富士と呼ばれる湧蓋(わいた)山麓にあり、日帰りや宿泊で利用できる温泉施設が点在する。いたるところで白い湯けむりが立ち昇り、温泉の蒸気で蒸した卵や野菜、鶏の地獄蒸しなどは名物料理として人気だ。ドライブがてら、ゆっくり訪れてみたい。

下城の大イチョウは、母乳の少ない女性にご利益があるともいわれ、「ちちこぶさん」の呼び名で親しまれている。

わいた山の麓に広がる、わいた温泉郷。はげの湯、岳の湯、山川温泉などそれぞれ特徴ある温泉からなる。

阿蘇の大自然の中、温泉の蒸気がいたるところで噴出し、温泉情緒が漂う。

温泉の蒸気で卵や野菜、鶏肉などの食材を蒸した「地獄蒸し」は小国の名物料理。

■下城の大イチョウ
住所:熊本県阿蘇郡小国町下城
ライトアップ:10月中旬~11月上旬
TEL:0967-46-2113(小国町役場情報課)

■わいた温泉郷
湧蓋山麓に位置し、「はげの湯」「岳の湯」「鈴ヶ谷温泉」「麻生釣温泉」「地獄谷温泉」「山川温泉」の6つのエリアに分かれる。それぞれ宿泊や立ち寄りができる温泉施設があり、観光客に人気。
住所:熊本県阿蘇郡小国町西里岳の湯2816
TEL:0967-48-5277(わいた温泉組合事務局)
URL:http://waita.info