郷土料理や囲炉裏端での昔話を楽しむ!遠野どべっこ祭りへドライブ 岩手県遠野市

釜石自動車道遠野ICから遠野市の「遠野ふるさと村」まで車で約20分。柳田国男の「遠野物語」で知られ、カッパや座敷童などおなじみの民話が多く残る遠野市。そんな遠野の昔の農村風景を再現した「遠野ふるさと村」で、2017年も「遠野どべっこ祭り」が開催される。
日本酒の原型でもあるどぶろくや、地元造り酒屋による濁り酒のどべっこを楽しめるが、お酒を飲まなくても鴨ひっつみやキジそばといった郷土料理や神楽、囲炉裏を囲っての昔話など、冬の遠野の魅力を満喫できる。くれぐれも、お酒を飲んだら運転はしないように。
「遠野ふるさと村」から車で約20分の場所にある道の駅「遠野風の丘」は、遠野名物ジンギスカンの串焼きやソフトクリームなどの軽食のほか、レストランでは遠野の食材を生かした料理や食べ放題のサラダバーを提供。暮坪(くれつぼ)かぶそばや、ひっつみ定食が人気だ。

2017年で18回目となる「遠野どべっこ祭り」。11月中旬から3月上旬の土・日曜に開催。

日本酒の原型でもあるどぶろくを楽しむお祭りだけれども、車のドライバーは我慢しよう!

入村料と鴨ひっつみなどがセットになった「かっぱプラン」は、要予約。寒い季節には温かい料理がうれしい。

風車をシンボルにした「道の駅 遠野風の丘」は、国道283号沿いにあり便利。

■遠野ふるさと村
炭焼小屋、水車小屋、6軒の曲り家等が立ち、山里の農村を再現。竹とんぼ作り700円、花瓶敷染め1000円などが体験できる(要予約)。登録有形文化財となっている。土産店やレストランも併設。毎年11月から翌年3月頃にかけて「遠野どべっこ祭り」を開催。
住所:岩手県遠野市附馬牛町上附馬牛5-89-1
TEL:0198-64-2300
駐車場:あり
アクセス:釜石自動車道遠野ICから約20分
入場料:一般540円、小・中・高校生320円
営業時間:9~17時(入場は~16時、11~2月は~16時)
休み:無休
URL:http://www.tono-furusato.jp/
<遠野どべっこ祭り>
開催日:2017年11月18日(土)・19日(日)、12月2日(土)・3日(日)、2018年1月27日(土)・28日(日)、2月10日(土)・11日(日)、2月24日(土)・25日(日)、3月3日(土)・4日(日)
イベント内容:郷土芸能(遠野郷に伝わる神楽)、カッパおじさんトークショー(それぞれ開催日や時間が異なるので詳細は問い合わせを)、昔話(毎開催日の10時30分~12時、13~15時)

■道の駅 遠野風の丘
2015年には国内で6か所の「全国モデル道の駅」に選定された。インフォメーションや産直・物産ホール、レストランのほか展望デッキや無料休憩ホールを完備。次世代型の風力発電装置「スパイラル マグナス風車」がシンボル。
住所:岩手県遠野市綾織町新里8地割2-1
TEL:0198-62-0888
営業時間:【インフォメーション】8~17時、10月16日~3月31日は8時30分~17時30分。他施設により異なる。
定休日:年中無休
駐車場:あり(無料/小型161台、大型14台、身障者用3台あり)
アクセス:釜石自動車道遠野ICから約20分
URL:http://kazenooka.tonofurusato.jp/