雪灯籠が照らす風情ある町並みを歩く!智頭宿雪まつりへドライブ 鳥取県智頭町

鳥取県智頭町にある旧宿場町、智頭宿(ちずしゅく)。江戸時代には参勤交代で江戸へと向かう鳥取藩の最初の止宿であり、古い町並みの残る情緒豊かな景観が広がる。「智頭宿雪まつり」は、宿場町の名残をとどめる智頭宿一円を舞台に、手作りの雪灯籠や竹灯篭が智頭駅から智頭宿にかけて並び、提灯の幻想的な明かりで散策できるイベント。街道沿いには、山菜おこわや柿の葉寿司などの屋台が並ぶ。2018年は2月3日(土)の開催予定。
豊かな自然や山村の風景が残る智頭町で、合わせて立ち寄りたいのは「郷山(さとやま)キッチン おむすびころりん」。温かみを感じさせる素朴な味わいの料理を楽しめるレストランだ。閉校となった山郷小学校の木造校舎を再活用した「R373 やまさと」内にあり、山郷地区の女性グループが運営している。自ら育てた野菜をはじめ、近くで採れた山菜などを使った手作りの味が評判で、日替わり定食(2種)が人気だ。

雪灯籠で照らされた、智頭宿の歴史薫る町並みをゆっくり散策。冬の夜、静かで幻想的な雰囲気に浸れる。

宿場町として栄えた往時をしのばせる町屋の建物などが今も残る。

旧山郷小学校は、智頭杉で建てられた町自慢の木造校舎。元教室をお店として活用。

地元で採れる食材を使った料理は、ほっこりとしたやさしい味わい。写真は日替わり定食の一例。

■智頭宿雪まつり
主会場:智頭宿一円
TEL:0858-76-1111(一般社団法人智頭町観光協会)
開催日:2018年2月3日(土)予定
点灯時間:17~20時
明かりの数:雪灯篭約600本
駐車場:あり(智頭宿町民グラウンド)
URL:http://cms.sanin.jp/p/chizu/kankou/event/yukimatsuri/
アクセス:鳥取自動車道智頭ICから車で約5分

■郷山キッチン おむすびころりん
住所:鳥取県八頭郡智頭町福原19番地「R373やまさと」内
TEL:0858-71-0656
営業時間:9時30分~16時30分
休業日:月~木曜
駐車場:あり
URL:http://cms.sanin.jp/p/chizu/kankou/taberu/omusubi/
アクセス:鳥取自動車道駒帰ICから車で約5分、国道373号線沿い

関連リンク

  • ドライブTOPへ
    ドライブTOPへ
  • 智頭町TOPへ
    智頭町TOPへ