雪の中で味わう「のろし鍋」!一面銀世界のかまくらの里へドライブ 長野県飯山市

長野県最北部に位置する飯山のかまくらの里には、毎年1月下旬から約1カ月間、大小約20基の雪のかまくらが出現し、多くの観光客でにぎわう。毎年恒例のかまくら祭りは、2018年は2月10・11日に開催される。いいやま雪まつりと同日開催なので合わせて訪れるのもおすすめ。また期間限定でオープンする「レストランかまくら村」では、信州名物「のろし鍋」と飯山産のお米で作られたおにぎりを提供。かまくらの中で味わう温かいお鍋は格別だ。
2月には「なべくら高原・森の家」の敷地内に、2夜限定のバー「THE SNOW BAR」が登場。ホットチョコレートやホットリンゴジュースなど体が温まる飲み物が用意されている。雪で造ったバーはキャンドルやたき火に照らされ、ムード満点。豊富な雪を誇る飯山で冬のイベントを楽しもう。

休日の夜はかまくらの里に明かりが灯され、雪と明かりの幻想的な世界が広がる。

雪景色に映える赤い鳥居は会場内に設けられたかまくら神社。かまくら内部にはご神体やしめ縄、賽銭箱まである。

信州味噌仕立てののろし鍋。いいやまブランド豚のみゆきポーク、地元産の野菜やきのこがたっぷり入っている。

「なべくら高原・森の家」のTHE SNOW BAR。雪でできたバーカウンターにドリンク類がズラリ。

スタッフによる手づくりなので毎年違う雰囲気に。雪遊びに歓声が上がる昼間とは、ガラリと違った空間となる。

■かまくらの里
2月10日(土)、11日(日)のかまくら祭り(毎年2月の第2土・日曜開催)では、各種イベントも行われる。「レストランかまくら村」は要予約。
住所:長野県飯山市寿807-2
開催期間:2018年1月26日(金)~2月27日(火)
TEL:0269-62-3133(信州いいやま観光局/受付時間平日9~17時)
定休日:水曜
駐車場:あり
URL:https://www.iiyama-ouendan.net/special/kamakura/
アクセス:上信越道豊田飯山ICより車で約25分
※車の場合は、スタッドレスタイヤを装着の上、四輪駆動車でのアクセスをおすすめ。二輪駆動車の場合はチェーンを携行しよう。

■なべくら高原・森の家
住所:長野県飯山市照岡1571-15
TEL:0269-69-2888
駐車場:あり
アクセス:上信越自動車道豊田飯山ICより車で約40分
URL:http://www.nabekura.net/index.html
<THE SNOW BAR>
開催時期:2018年2月11日(日)、17日(土)の2夜限定オープン
営業時間:17~20時(ラストオーダー19時30分) 
料金:無料(ドリンクは有料)
※日帰りでも利用可
※車の場合は、スタッドレスタイヤを装着の上、四輪駆動車でのアクセスをおすすめ。二輪駆動車の場合はチェーンを携行しよう。夜間は道路の除雪が行われず、大雪の際はたどり着けないことがまれにあるため、日没までに到着のこと。

関連リンク

  • ドライブTOPへ
    ドライブTOPへ
  • 飯山市TOPへ
    飯山市TOPへ

MORIZO on the Road