里山の風景と夕日の絶景が広がる!愛媛最南端の風光明媚な町をドライブ 愛媛県愛南町

愛媛県最南端の町、愛南町は温暖な気候と豊かな自然に恵まれ、陽光や緑の山々、雄大な海がつくり出す見事な景観がそこかしこで見られる町。
中でも、入江に面した山の中腹に石垣を積み上げた民家が並ぶ集落外泊(そとどまり)の「石垣の里」は、「美しい日本のむら景観コンテスト 農林水産大臣賞」や「未来に残したい漁業漁村の歴史文化財産百選」、「美しい日本の歴史的風土100選」に選ばれた一大景観地。
台風や季節風から家を守るため、高く整然と積まれた石垣が急斜面に続く光景はここでしか見られない。集落を登っていくと古民家風の休憩所「だんだん館」があり、眼下に広がる宇和海と石垣の里の絶景を見下ろしながら、コーヒーなどで一服できる。

宇和海上に並ぶ3つの小島「三ツ畑田島(みつはただじま)」も、有名な絶景ポイント。町内のいろいろな場所から見ることができるが、中でも石垣の里から車で約30分の「外室手バス停」付近からの眺めは筆舌に尽くしがたい美しさ。
バス停から海岸のほうへ下り坂を下りて行くと、車が数台停められるスペースがある。島が浮かぶあたりに夕日が沈み、夕焼けに染まる大海原に小島のシルエットが浮かび上がる絶景をカメラに収めようと、多くの人が訪れるという。

外室手バス停から車で約20分の「馬瀬山(ばせやま)公園」も宇和島の美しい海と連なる山々を一望できるスポット。園内の「紫電改展示館 」では、公園から見渡すことができる久良(ひさよし)湾の海底で昭和53年(1978)に発見され、翌年引き揚げられた旧日本海軍戦闘機「紫電改」を展示している。
日本海軍の主力戦闘機であった零戦に替わる新鋭機として当時の日本が世界に誇った紫電改。現存するのは世界でわずか4機のみ。その内3機はアメリカで展示されているため、日本国内で見られるのは愛南町のこの1機のみだ。

冬でも比較的温暖な愛南町は、海に面し、里山に囲まれた多くのビュースポットに恵まれた町。風光明媚な愛南町で、絶景ドライブを楽しもう。

外泊 石垣の里

近くの中泊(なかどまり)などから住まいを求めて人々が移住し、開墾した町。山の急斜面にあるため、台風や潮害などから家を守るべく高く積み上げられた石垣が独特の風景を形成している。先人の暮らしや知恵をうかがい知ることができる。

今も人々が暮らす美しい石垣の町並み。
今も人々が暮らす美しい石垣の町並み。
人々が移住し、強風から家を守るために石垣が積み上げられ始めたのは幕末の頃から。
人々が移住し、強風から家を守るために石垣が積み上げられ始めたのは幕末の頃から。
整然と積まれた石垣が軒の高さほどまで及ぶ。坂道を登る際は足元に気をつけて。
整然と積まれた石垣が軒の高さほどまで及ぶ。坂道を登る際は足元に気をつけて。
正面に見えるのが「だんだん館」。歩き疲れたらひと休みできる憩いのスポットだ。
正面に見えるのが「だんだん館」。歩き疲れたらひと休みできる憩いのスポットだ。
眺望がすばらしい「だんだん館」は、昔の民家を模した建物。
眺望がすばらしい「だんだん館」は、昔の民家を模した建物。
館内では地元の特産品なども販売している。
館内では地元の特産品なども販売している。

三ツ畑田島

宇和島の海に並んだ3つの小さな島。足摺宇和海国立公園のシンボリックな光景としておなじみ。

紺碧の海に浮かぶ三ツ畑田島は中浦地区のテレビ塔公園や、旧御荘町の海岸線からも望める。
紺碧の海に浮かぶ三ツ畑田島は中浦地区のテレビ塔公園や、旧御荘町の海岸線からも望める。
海面に浮かぶのは生け簀(養殖筏)。ハマチやタイ、マグロなどを養殖している。
海面に浮かぶのは生け簀(養殖筏)。ハマチやタイ、マグロなどを養殖している。
外室手バス停付近から見た三ツ畑田島。夕暮れ時は絵のような美しさ。3つの島は同じくらいの大きさに見え、ほぼ等間隔で仲良く並んでいる。
外室手バス停付近から見た三ツ畑田島。夕暮れ時は絵のような美しさ。3つの島は同じくらいの大きさに見え、ほぼ等間隔で仲良く並んでいる。

紫電改展示館

馬瀬山公園内にある展示館。愛媛県松山基地の343航空隊「剣部隊」の戦闘機・紫電改をはじめ、松山基地のジオラマや搭乗していたと思われるパイロットの写真、機体とともに引き揚げられた品々などを展示。引き揚げ時の記録映像も上映している。

海を見下ろす馬瀬山公園。公園のシンボル宇和海展望タワーは現在運転休止中。
海を見下ろす馬瀬山公園。公園のシンボル宇和海展望タワーは現在運転休止中。
ほとんど原型のまま海底で眠っていた紫電改。遺族からの要望で、引き揚げた際の状態で保存すべくプロペラは曲がったままとなっている。
ほとんど原型のまま海底で眠っていた紫電改。遺族からの要望で、引き揚げた際の状態で保存すべくプロペラは曲がったままとなっている。
海底に落とした養殖イカダのアンカー(錨)を探すため潜ったダイバーにより発見された。
海底に落とした養殖イカダのアンカー(錨)を探すため潜ったダイバーにより発見された。

■外泊「石垣の里」
所在地:愛媛県南宇和郡愛南町外泊
TEL:0895-72-7315(愛南町商工観光課)、0895-73-0444(愛南町観光協会)
アクセス:宇和島道路津島岩松ICから車で約50分
◇だんだん館
住所:愛媛県南宇和郡愛南町外泊252
TEL:0895-82-0311
営業時間:8時30分~17時
定休日:火曜、12月29日~1月3日
駐車場:あり(だんだん館まで徒歩約5分の休憩所しおかぜの駐車場を利用)

■三ツ畑田島
所在地:愛媛県南宇和郡愛南町中浦
TEL:0895-72-7315(愛南町商工観光課)、0895-73-0444(愛南町観光協会)
◇外室手バス停
住所:愛媛県愛南町御荘菊川(国道56号沿い)
アクセス:宇和島道路津島岩松ICから車で約20分
駐車場:なし

■紫電改展示館
住所:愛媛県南宇和郡愛南町御荘平城5688
TEL:0895-72-3212(南レク南宇和管理事務所)
開館時間:9~17時
定休日:12月29日~1月1日
入館料:無料
アクセス:宇和島道路津島岩松ICから車で約35分
駐車場:あり

※記事内のデータは2019年12月現在のものです。掲載後に料金、営業時間、定休日、メニュー等の内容が変更になることや、臨時休業等で利用できない場合があります。また、各種データを含めた掲載内容の正確性には万全を期しておりますが、おでかけの際には電話等で事前に確認・予約されることをお勧めいたします。

[ガズー編集部]

愛媛県のおすすめスポット

  • 夕日に染まる恋人たちの聖地!ふたみシーサイド公園へドライブ 愛媛県伊予市
    夕日に染まる恋人たちの聖地!ふたみシーサイド公園へドライブ 愛媛県伊予市
  • 標高750mの天空に佇む遺跡はロマンたっぷり!東洋のマチュピチュへ行こう 愛媛県新居浜市
    標高750mの天空に佇む遺跡はロマンたっぷり!東洋のマチュピチュへ行こう 愛媛県新居浜市
  • サザエや瀬戸貝を豪快に七輪バーベキュー!来島海峡大橋を望む道の駅 愛媛県今治市
    サザエや瀬戸貝を豪快に七輪バーベキュー!来島海峡大橋を望む道の駅 愛媛県今治市
  • 絶景ドライブルート 現役で動く日本最古の道路開閉橋 愛媛県大洲市
    絶景ドライブルート 現役で動く日本最古の道路開閉橋 愛媛県大洲市

関連リンク

  • ドライブTOPへ
    ドライブTOPへ
  • 愛南町TOPへ
    愛南町TOPへ