世界遺産平泉から遠野を巡る 岩手県おすすめのドライブルート

世界遺産の平泉から伝説の息づく遠野、そして宮沢賢治の故郷へ​

​​​​​​​​​​​世界遺産にも登録されたこの世の理想郷、平泉で寺社仏閣巡りを堪能。そして今も民話や伝説が語り継がれ、東北のぬくもりに触れられる遠野へ。そして、その魅力が再び注目を集めている宮沢賢治の世界を訪ねる旅。平泉から遠野へはJR東北本線沿いの市街地、JR釜石線沿いの山間を走る。遠野から花巻へは来た道を折り返すドライブ。神秘的な伝説や昔話が言い伝えられる遠野は、季節を問わずにノスタルジックな旅情を満喫できる。

ルートマップ:約3時間30分 (約132.4km)

S:平泉前沢IC

約2.6km 国道4号 約10分

1:世界遺産・平泉/中尊寺金色堂

スポット情報
悲惨な戦いを重ねた奥州藤原氏が平和を祈願し、理想郷の光景として造営した平泉。中尊寺、毛越寺、観自在王院跡、無量光院跡、金鶏山などの平泉の文化遺産は2011年6月に世界遺産に登録された。これら仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群の中でも中尊寺金色堂は、12世紀から現存する唯一の建造物。重厚に貼られた金箔が、京都に匹敵するほどの大都市として栄えていた当時の繁栄を物語る。

スポット情報はこちら

約74.5km 国道4号 約1時間51分

2:カッパ淵

スポット情報
カッパ狛犬と呼ばれる狛犬がある常堅寺の裏を流れ、うっそうとした茂みに覆われた小川にあるカッパ淵。ここはその昔カッパが多く住みついて、人々を驚かしていたずらをしたというカッパ伝説が残されている場所。岸にはお乳の神様であるカッパ神を祭った祠があり、その周辺に座った姿の陶製のカッパが置かれている。市公認のカッパ捕獲場所でもあり、観光協会がカッパ捕獲許可証(200円)を発行するなど、ロマンあふれるスポットだ。

スポット情報はこちら

約46.3km 国道283号、釜石街道 約1時間9分

3:宮沢健治記念館

スポット情報
文学、仏教、農業、科学、教育といった幅広い分野に興味を持ち、その感性が今も多くの日本人に愛されている賢治の魅力を紹介する施設。推敲の跡が残る自筆原稿、愛用のチェロ、写真などの賢治ゆかりの貴重な資料のほか、作品のビデオ上映などもある。賢治の思想や生涯を辿りながら、心象世界の理想郷であるイーハトーブの世界に浸ってみよう。館内には喫茶コーナーもあるのでコーヒーやリンゴジュースで一服できる。

スポット情報はこちら

約9.0km 県道12号、国道283号 23分

4:花巻南IC

ベストシーズン

六角牛山を背景にした桜並木と遠野を練り歩く南部氏遠野入部行列。

ミステリアスな河童伝説を目当てにサラサラと水が流れるカッパ淵へ。

わら細工、そば打ち、昔話など、遠野に伝わる山里の暮らしを体験。

高さ20mのアーチ橋が宮沢賢治の世界を彷彿とさせるめがね橋。

ドライブ情報

  • 国道283号線の山間部は緩やかなワインディングの道が続く。
  • 冬季は雪対策が必須。トンネルや橋などの凍結にも要注意。
  • カッパ淵に駐車場がないので、伝承園横の駐車場を利用。
  • 平泉の文化遺産めぐりは徒歩やレンタサイクルもおすすめ。

問合せ先情報

  • 遠野市観光協会0198-62-1333
  • 平泉観光協会0191-46-2110
  • 花巻観光協会0198-29-4522

MORIZO on the Road