軽井沢・鬼押ハイウェーを通る 長野県おすすめのドライブルート

旧軽井沢から北軽井沢へ!ダイナミックな浅間山を間近で眺める

旧軽だけでなく、大自然のパワーを実感できる北軽、中軽経由で南軽のアートスポットにも立ち寄る、軽井沢まるごと一周コース。旧軽井沢では旧軽銀座をぶらぶらしながら日本聖公会 軽井沢ショー記念礼拝堂へ。旧軽から北軽へは旧三笠ホテルと白糸の滝も見学。峰の茶屋からは国道146号経由で、浅間高原随一の景勝地、鬼押出し園へ。帰りは鬼押ハイウェーを利用。浅間六里ヶ原休憩所ではダイナミックな浅間山を堪能しよう。中軽へは軽井沢中学前を右折すれば一本道で行ける。

ルートマップ:約2時間10分(約65km)

S:碓氷軽井沢IC

約14km 県道92号、県道43号、国道18号、県道133号 約25分

1:軽井沢ショー記念礼拝堂

スポット情報
軽井沢開発の父といわれるカナダ人宣教師A・C・ショーが、明治19年(1886)最初の夏を過ごし、布教活動の拠点とした軽井沢最古の教会。静かな佇まいの教会の庭には、ショーの胸像と記念碑が立っている。彼が建てた軽井沢の別荘第1号は現在教会の裏手に復元。ショーハウス記念館(料金:無料、時間:9~17時、休み:木曜、11~3月、問合先:軽井沢町教育委員会)として見学できる。

スポット情報はこちら

約2km 県道133号、地方道 約5分

2:重要文化財・旧三笠ホテル

スポット情報
褐色の外壁に白いアーチ型の窓枠が印象的な2階建ての洋館。明治38年(1905)に実業家・山本直良が純西洋式木造ホテルとして建築し、翌年に営業を開始。避暑地軽井沢の一大社交場となった。利用していた著名人には、近衛文麿、渋沢栄一、乃木希典などそうそうたるメンバーが名を連ね、政財界の注目の場であったことがうかがわれる。館内は一般公開され、幾何学模様のガラス窓や天井の意匠、有島生馬デザインによる三笠のマークをあしらった洋ダンス、猫足型のバスタブや軽井沢彫のテーブルセットなど華やかな時代を偲ぶことができる。

スポット情報はこちら

約7.5km 地方道、白糸ハイランドウェイ 約15分

3:白糸の滝

スポット情報

軽井沢の名所として知られる滝。高さは3mほどだが、幅が70mもあり、岸壁のそこかしこから流れ落ちる地下水が白い絹糸のカーテンのような美しい景観を造り出している。この滝の水源は浅間山の伏流水なので、滝の上に川はなく、目を凝らして見れば、黒い岩肌から水が湧き出すのがわかる。周囲を覆う木立との対比も美しく、初夏は新緑、秋はまばゆいばかりの紅葉、冬の雪景色と四季折々の美しさで人々を魅了する。

スポット情報はこちら

約11km 白糸ハイランドウェイ、鬼押ハイウェー 約20分

4:鬼押出し園

スポット情報
平成28年(2016)9月にジオパークとして認定された。浅間山北麓に最大幅2km、長さ5.5kmにわたって黒々と広がる景観の奇勝。鬼押出しの溶岩群の中を歩いて見学できる。間近に見る巨大な溶岩は迫力満点。中央の高台には東京上野にある東叡山寛永寺別院浅間山観音堂が立ち、ここから鬼押出しや浅間山はもちろん、浅間高原から白根山に至る大パノラマが楽しめる。惣門→表参道→観音堂→裏参道の標準コースは徒歩40分。春は高山植物、夏は涼、秋は紅葉、冬は雪景色が楽しめる。

スポット情報はこちら

約3km 鬼押ハイウェー 約5分

5:浅間 六里ケ原休憩所

スポット情報
軽井沢~草津・万座の中間に位置し、鬼押ハイウェーの途中にある浅間山の眺望抜群の休憩スポット。平成28年(2016)9月にジオパークとして認定された浅間山北麓に位置し、休憩所前に広がる雄大な浅間山麓の景観は素晴らしい。またレストランや売店があり、地元産の農作物や山野草、花木などが購入できる。屋外には無料で利用できるワンちゃん広場もあり、ドライブで疲れたペットの休憩ができる。

スポット情報はこちら

約15.5km 鬼押ハイウェー、国道146号、国道18号、地方道 約30分

6:軽井沢タリアセン

スポット情報
南軽井沢に位置するレジャー施設。塩沢湖を中心に、3つのミュージアムと多彩なレクリエーション施設を備えている。木々に囲まれた敷地は、自然を満喫できる抜群のロケーション。ゴーカートやアーチェリー、ボート遊びなどが楽しめる。

スポット情報はこちら

約12km 地方道、県道43号、県道92号 約30分

7:碓氷軽井沢IC

ベストシーズン

5月中旬~6月上旬頃は新緑の季節。三笠通りにはサイクリングコースがあるので、旧軽からレンタサイクルで旧三笠ホテルを訪ねても。

軽井沢タリアセンのイングリッシュローズ・ガーデンでは、6月下旬~9月下旬がバラの見頃。

軽井沢の紅葉の名所といったら雲場池。朱色に染まるカエデ、黄金色に染まるカラマツなどが池を彩る。見頃は10月中旬~11月上旬頃。

ドライブ情報

  • 夏の休日など碓氷軽井沢IC混雑時はETC車なら佐久平PAからアクセスも。
  • 鬼押ハイウェーは有料だが、景色がいいので走る価値がある。
  • 12~3月頃は路面凍結があるのでスタッドレスタイヤが基本。

問合せ先情報

  • 軽井沢観光会館 0267-42-5538
  • 北軽井沢観光協会 0279-84-2047

Copyright (C) 2017 JTB Publishing, Inc. All Rights Reserved.
※取材時の情報のため、内容が変更になっている場合があります。お出かけ前にはご確認いただけますようお願いいたします。