明石海峡大橋を渡り淡路島を楽しむ 兵庫・洲本ドライブルート

四季の花と海山の絶景が広がる島を北から南へ駆け抜ける縦断ドライブ!​​​​​​

京阪神からもアクセス便利な淡路島。神戸淡路鳴門自動車道で明石海峡大橋を渡って淡路SAへ。岩屋港で絵島を眺めたら、対岸に神戸や明石の町並みを望む海岸沿いを走って北淡震災記念公園、そして伊弉諾神宮へ。洲本へは左手に大阪湾を望む国道28号を南下。洲本の温泉旅館が立ち並ぶ県道76号から三熊山ドライブウェイに入り、山上にそびえる洲本城跡を訪ねよう。紀淡海峡の大海原と淡路の山々が連なる展望を楽しみたい。羊やコアラがのんびりと暮らす淡路ファームパークイングランドの丘へは国道28号を行く。さらに走って道の駅うずしおへ。夕暮れ時には大鳴門橋と四国の山並みがシルエットに浮かぶ絶景が目の前に広がる。

ルートマップ:約3時間13分 (約96km)

S:淡路IC

約1km 国道28号 約3分

1:絵島

スポット情報
平家物語の月見の巻にも登場。周囲400mの小さな島は風化によって砂岩に刻まれた縞模様が美しい。国産み伝説のおのころ島との説もある。岩屋ポート側の公園から見るのがベスト。

スポット情報はこちら

約12.5km 国道28号、県道31号 約27分

2:北淡震災記念公園・野島断層保存館

スポット情報
平成7年(1995)1月17日午前5時46分、淡路島北淡町(現・淡路市)の野島断層(国指定天然記念物)を震源とするマグニチュード7.3の兵庫県南部地震が発生。ここはその時に現れた断層帯を巨大ドームで保存する、世界的にも珍しい保存館。震度7の揺れ体験もできる。

スポット情報はこちら

約15km 県道31・88号 約33分

3:伊弉諾神宮

スポット情報
国生み神話の主人公である、伊弉諾[いざなぎ]大神と伊弉冉[いざなみ]大神の二柱の神を祭る古社。国生みを成し遂げた伊弉諾大神は、ここで余生を過ごしたと伝えられている。境内には2神が宿るという夫婦[めおと]の大楠があり、夫婦円満や安産を願って夫婦で訪れる参拝者が多い。

スポット情報はこちら

約20km 県道88号、国道28号、三熊山ドライブウェイ 約42分

4:洲本城跡

スポット情報
国の史跡に指定されている石垣のある洲本城跡。国立公園にも指定されている三熊山からの眺望はすばらしく、市街地はもちろん大阪湾や紀淡海峡までが一望できる。

スポット情報はこちら

約14.5km 三熊山ドライブウェイ、県道76号、国道28号、県道126号、一般道 約32分

5:淡路ファームパーク イングランドの丘

スポット情報
イギリスの湖水地方さながらの美しい自然の中で、パン・乳製品などの自家製グルメ、おもしろ自転車やゴーカート、手作り体験などが楽しめる。コアラ館や動物ふれあい広場も人気。全天候型ふれあい施設ラビットワーレン、直売所美菜恋来屋もあり。

スポット情報はこちら

約30km 一般道、県道126号、国道28号、県道25・237号 約50分

6:道の駅うずしお

スポット情報
大鳴門橋を間近に眺められるビューポイントで、時間が合えば鳴門海峡にうず巻くうず潮が望める。レストランで味わいたいのが、白い海鮮丼1800円(税別)。淡路島近海のおいしい魚介を選ぶと白身ばかりになったことから命名されたこの丼は、栄養豊かな海と強い潮流に育まれたプリップリの魚がもりだくさん。特産品コーナーや展望コーナー、全国ご当地バーガーグランプリで1位と2位を受賞したあわじ島バーガーが楽しめる。

スポット情報はこちら

約2.5km 県道237・25号 約6分

7:淡路島南IC

ベストシーズン

淡路島国営明石海峡公園のチューリップ、あわじ花さじきの菜の花など、島内各地で春の花々が見頃に

海水浴が楽しめ、ハモ料理など味わえる季節

あわじ花さじきなど各地でコスモスの花が見頃に

ドライブ情報

  • 洲本城跡に向かう三熊山ドライブウェイは無料で通行できる
  • 国道28号は洲本インター付近で少々渋滞することも。
  • 急ぐ場合は神戸淡路鳴門自動車道を使うと便利。

問合せ先情報

  • 淡路サービスエリア観光案内所 0799-72-0168
  • 南あわじ市観光協会 0799-52-2336
  • 洲本観光案内所 0799-22-0742

Copyright (C) 2017 JTB Publishing, Inc. All Rights Reserved.
※取材時の情報のため、内容が変更になっている場合があります。お出かけ前にはご確認いただけますようお願いいたします。