鬼平も食べた一本うどんに挑戦!江戸の町を再現した鬼平江戸処 埼玉県羽生市

東北自動車道をドライブするなら、ぜひ立ち寄りたいのが羽生パーキングエリア(上り)。時代小説『鬼平犯科帳』の世界観をモチーフにしたエリア「鬼平江戸処」があり、まるで江戸時代にタイムトリップしたかのような雰囲気が楽しめる。日本橋大通りをイメージした表通りには、鬼平犯科帳で盗賊に入られた大店(おおだな)をモデルにした店が並んでいるので、看板をチェックしてみよう。
食事処や売店では、江戸の味を今に伝える老舗の食事や、江戸を感じさせる数々の土産品が並ぶ。作品にも登場する軍鶏鍋屋「五鉄」の人気メニュー、しゃも鍋定食や一本うどんを味わってみては?

江戸の町人文化が盛んだった文化・文政年間の町並みが再現されている。

いろいろな土産物が並ぶ「みやげ処 屋台連(やたいれん)」で、江戸時代のにぎわいを体験。

殺陣ショーなどのイベントも随時開催し、江戸の雰囲気を楽しめる。

DATA
スポット名称:羽生PA【上り】「鬼平江戸処」(おにへいえどどころ)
住所:埼玉県羽生市弥勒字五軒1686
TEL:048-566-1215 (羽生マネジメントオフィス) 9~17時
アクセス:東北自動車道・羽生PA(上り線)
入場料:無料
営業時間:施設により異なる
定休日:なし
駐車場:あり(小型/114台、大型/148台)
URL:http://www.driveplaza.com/special/onihei/