【恋叶ロード 2】こんなところにフォトスポットが!?恋を叶える「恋叶トンネル」 大分県豊後高田市

豊後高田市の海岸線を走る国道213号には「恋叶(こいかな)ロード」と呼ばれるルートがある。「昭和の町」を起点に「長崎鼻」まで約20kmの間にドライブデートとして人気のスポットが点在する。
今回ご紹介するのは「恋叶トンネル」。人が歩いて通るためのトンネルで、トンネル内にさまざまな壁画が描かれたフォトスポットとして知られている。壁画は、人が写り込むことでアートとして完成するデザインになっているのがポイント。ケーキカットや相合傘などの壁画は、カップルで撮影するのにぴったりだ。ほかにも多くの壁画があるので、友達、カップル、家族とわいわい楽しみながら撮影しよう。

恋叶トンネルの正式な名称は「真玉(またま)人道トンネル」。外から見ると、何の変哲もないトンネルだけれど…
恋叶トンネルの正式な名称は「真玉(またま)人道トンネル」。外から見ると、何の変哲もないトンネルだけれど…
中には様々なデザインの壁画が!壁画のデザインは一般公募され、審査で決定されたもの。壁画と人が一体になることでアートとして完成される
中には様々なデザインの壁画が!壁画のデザインは一般公募され、審査で決定されたもの。壁画と人が一体になることでアートとして完成される

DATA
スポット総称:恋叶ロード(こいかなろーど)
住所:大分県豊後高田市 国道213号沿い(昭和の町を起点に長崎鼻まで続く約20km)
TEL:0978-25-6219(豊後高田市商工観光課)
アクセス:起点となる「昭和の町」まで、東九州自動車道宇佐別府道路宇佐ICから車で約30分、または、大分農業文化公園ICから約35分 ※北九州・中津方面からは院内ICで降りることができないので注意
URL:http://www.city.bungotakada.oita.jp/page/page_02776.html

●恋叶ロードのおすすめスポット【2】 恋叶トンネル(正式名称:真玉人道トンネル)
住所:大分県豊後高田市中真玉2100
駐車場:あり(市役所真玉庁舎の駐車場を利用可能/無料)
URL:https://www.showanomachi.com/spots/detail/210
備考:車の通行は不可。見学自由

※記事内のデータは2018年5月現在のものです。掲載後に料金、営業時間、定休日、メニュー等の内容が変更になることや、臨時休業等で利用できない場合があります。また、各種データを含めた掲載内容の正確性には万全を期しておりますが、おでかけの際には電話等で事前に確認・予約されることをお勧めいたします。

MORIZO on the Road