気分は江戸の町民?歴史に触れながら、趣ある町並みをぶらぶら散策! 千葉県香取市

千葉県香取市佐原は、江戸時代に「大日本沿海興地全図」を著した伊能忠敬の出身地。佐原の小野川沿いや香取街道には、江戸・明治・大正時代の趣を残す町並みがあり、「重要伝統的建造物群保存地区」に指定されている。
「伊能忠敬記念館」は、この地区に建てられたモダンな蔵造風の施設。忠敬が作成した伊能図をはじめ、測量具や遺書・遺品などから、国宝に指定された伊能忠敬関係資料まで展示している。伊能忠敬記念館の向かい側には、忠敬が30年余りを過ごした商家「伊能忠敬旧宅」もあるので、あわせて見学を。
歴史に触れた後は、佐原の町並み散策に出かけよう。CMのロケ地として度々登場する小野川沿いは、雰囲気を楽しむだけでなく、レトロな写真を撮るのにもおすすめだ。
(TOP画像 写真提供:香取市)

歴史ある町並みの中に建つ伊能忠敬記念館。小野川を挟んだ対岸に伊能忠敬旧宅がある。

伊能忠敬に関係する資料が2300点余りも収蔵されている。測量ごとに作られた地図や名勝地を描いた伊能図は芸術的。

伊能忠敬記念館の周辺には、江戸・明治・大正時代の面影を残す町並みが広がる。まるで映画のセットに迷い込んだよう。(写真提供:香取市)

DATA
スポット名称:伊能忠敬記念館
住所:千葉県香取市佐原イ1722番地1
TEL:0478-54-1118
アクセス:東関東自動車道佐原香取ICから車で約15分
駐車場:なし(付近に町並み観光駐車場あり/有料)
入館料:大人500円、小・中学生250円
開館時間:9時~16時30分
休館日:月曜(祝日は臨時開館)、年末年始
URL:https://www.city.katori.lg.jp/sightseeing/museum/index.html
備考:伊能忠敬旧宅は入館料無料で、年末年始のみ休館