サプライズゲストも登場した新スポーツカーブランド「GR」シリーズ発表会

2017年9月19日(火)、トヨタ自動車はMEGAWEBのトヨタシティショウケース(東京都江東区)でTOYOTA GAZOO Racingの新スポーツカーブランド発表会を行った。

11車種のGRシリーズが発表

発表会の冒頭、GAZOO Racing カンパニーの友山プレジデントが登壇。本日より発売となったGRおよびGR SPORTの7台と今後発売予定のGRシリーズ4台が発表された。

<9月19日発売>
・ヴィッツGR
・ヴィッツGR SPORT
・プリウスPHV GR SPORT
・マークX GR SPORT
・ハリアーGR SPORT
・ヴォクシーGR SPORT
・ノアGR SPORT

<今後発売予定>
・ヴィッツGRMN (2018年春ごろ予定)
・86 GR(今冬予定)
・アクアGR SPORT(今冬予定)
・プリウスαGR SPORT(今冬予定)

GRキャッチフレーズは「IGNITE(イグナイト)」、マーケティング戦略は「Face to Face」

続いて友山プレジデントより今回のGRについてのキャッチフレーズとマーケティング戦略、GRカンパニーの目指す方向性についての説明があった。

今回のGRのキャッチフレーズは「IGNITE(イグナイト)」。「IGNITE」は日本語で着火の意を示すが、クルマ好きの方々、さらにはクルマに興味がない人々の、心の奥底に秘められたスポーツカー魂に火をつける、そのような思いをこめた言葉であると語った。

マーケティング戦略の柱としては、若年層との「Face to Face」の接点づくりの強化を掲げる。主な施策としてはGRモデルを購入し、さらにGRファンになっていただくために「GRオーナー向けの走行会」の開催などさまざまな取り組みを実施。

また「Face to Face」の接点づくりは、全国の販売店にも展開。「町いちばんの楽しいクルマ屋さん」を合言葉に、「GRガレージ」が本日より営業を開始する。GRガレージには「GRコンサルタント」という専門性の高いスタッフが常駐。お客様の相談に乗り、一緒にクルマを楽しむというお店にする。核であるモータースポーツ活動や、GRブランド商品の展開とあわせて、四味一体のプロジェクトであることが紹介された。

友山プレジデントは発表の最後「GRカンパニーが目指す姿はレース活動を通して、トヨタの応援者を増やすとともに、社員を鍛え、クルマを鍛える。そのノウハウで世界に通用するスポーツカーを世に出し、収益をあげる。その収益をレース活動に投下する。こうゆうサイクルを回していく。永続的なモータースポーツ事業を可能にすること」と述べた。

トークセッションではモリゾウがサプライズ登場

友山プレジデントをはじめとするトヨタ社員や小林可夢偉をはじめとするTOYOTA GAZOO Racingドライバーが出席したトークセッションでは「モリゾウってどうよ」という質問に対して、全員がパネルで回答。ところが、なんとモリゾウ本人がサプライズで登場。社長が見つめるプレッシャーの中、登壇者は「チームメイト」「センスの良い生徒」「整体師」「クルマバカ」などと回答し、モリゾウに対する持論を語った。

トークセッションでは

豊田社長の熱い思いと友山プレジデントからあの発表が……

豊田社長は発表会後に行われた囲み会見で「クルマの歴史はすでに100年経っていると思います。そんな中で今大きな変革期を迎えているのが、この100年目なんですね。我々が求めているのは、次の100年もクルマって楽しいぞ、ということをやるに尽きると思います。単なる移動手段、コモデティ化していくのではなく、クルマって楽しいんだ、だから愛がつくんだ。Fun to driveなんだ、というものをこの先100年後もやれるよう、今戦っているつもりですので、ぜひ応援していただきたい」

最後に話題を集めているWECに関する質問もあり、その場で友山プレジデントが「来年も参戦する」とサプライズ発表するシーンも。これに対して豊田社長から「どうせ社長の言うことは誰も聞かない会社ですから」と応酬するシーンもあり、TOYOTA GAZOO Racingの身軽さを伺えるエピソードとなった。

注目キーワード

#86#BRZ#GRヤリス