ポルシェ・911ターボ(930型)…スーパーカーブームの花形モデル

圧倒的な動力性能と機能美を兼ね備える“究極のクルマ”、スーパーカー。今回は、1970年代の日本で沸き起こったスーパーカーブームにおいて人気を博した、花形モデルをピックアップ。週替わりで紹介します。

ポルシェ・911ターボ(930型)

北米のカンナムレースを制覇したターボチャージャー技術を応用した、ポルシェ初の市販ターボ車。1973年のフランクフルトモーターショーでプロトタイプがデビュー、75年にようやく市販開始された。

シャシーは強大なパワーを受け止めるべく前後トレッドを拡大。ボディーは太いタイヤをクリアするため前後フェンダーが大きく張り出し、大型のリアスポイラーを備える。ターボ過給により最高出力260ps、最大トルク35.0kgmを発生する3リッター空冷フラット6は、911を最高速度250km/h、0-100km/h加速5.2秒という当時のスーパースポーツの領域にまで引き上げた。

動力性能において優れるだけでなく、911シリーズのトップグレードとして、エアコン、パワーウィンドウなどの快適装備を標準で備えていた。77年にはエンジンが3.3リッターに拡大され、新たに空冷式インタークーラーが備わり、最高出力は300psへと一段と増強された。

[ガズー編集部]

注目キーワード

#86#BRZ#GRヤリス