スバル・フォレスター…日本が生んだ代表的SUV

今回は、クルマ好きの記憶に残る日本のSUVを特集。1980~90年代の人気車種を中心に、都会の道やオフロードを力強く駆け抜けた懐かしのモデルを紹介します。

スバル・フォレスター

乗用車とSUVのそれぞれの機能を進化させ、あらゆるシーンでの使いやすさと、あらゆる道での爽快な走りを追求した、乗用進化型SUVをコンセプトに開発されたモデル。今でいうクロスオーバーSUVの先駆的存在で、1997年に誕生した。

インプレッサと共有するプラットフォームに載る5ドアワゴンのボディーは、全高1580mmとSUVにしては低めながら、最低地上高はオフロードでの走破性を考慮して200mmを確保。これらのバランスがフォレスターの狙ったポジションを示していた。インプレッサに比べ背が高くなった分、居住空間およびラゲッジルームも広がり、実用性は高まった。

当初のパワートレインは250psを発生する2リッター水平対向4気筒ターボ+5段MTまたは4段ATで、駆動方式はフルタイム4WD。オンロードではスポーツカー顔負けのパフォーマンスを発揮したが、のちにノンターボの2リッターモデル、次いで2.5リッターエンジン搭載車も追加。限定車や特別仕様車も数多く設定された。

[ガズー編集部]

注目キーワード

#86#BRZ#GRヤリス