MT車のスムーズなシフトチェンジ(クルマの運転操作、みんなはどうしている?)

MT車を運転していると、時々シフトチェンジ時にクルマがガクガクしてしまうことがありますね。同乗者がいると必要以上に気になります。

「かっこよくシフトダウンしようとしたが、回転数がうまく合わせられずエンジンブレーキが効きすぎてギクシャクしてしまった」
「発進時にギヤが入らなくて焦った」
という方もいらっしゃるのでは。

みなさんは、どうしていますか?

MT車のシフトチェンジでは多少のショックはありますが、同乗者のためにも、できる限りシフトチェンジはスムーズにやりたいですよね。

発進時、1速はあくまで発進するためだけのギヤと割り切っています。
1速はアクセルの踏み加減に過敏に反応するので、踏みすぎると急に発進してしまいますし、アクセルオフすると急激に減速します。
1速で発進し車体が動きだしたと判断したら、すみやかに2速へと変速しています。2速にするタイミングのエンジン回転数は、2000回転を目安にしています。広い範囲の車速をカバーできる2速や3速を使って運転すれば、加速がスムーズになります。

シフトアップについては、エンジン回転に合わせリズムよくクラッチペダルを踏み、シフトし、ペダルを離すというリズミカルな操作を重視しています。少しラフな操作をしてもショックが出にくいのが、シフトアップの場合です。

かたやショックが出やすいのがシフトダウン時。シフトアップよりも繊細なクラッチ操作が求められます。減速と同時に、発進の際と同じくらいの回転数を目安にクラッチを踏みシフトダウン。エンジンブレーキが掛かるのを体感しながらゆっくりとクラッチペダルを離していきます。かならずしもひとつずつ順にギヤを落とす必要はありません。
シフトアップの際と同様に、1速はギクシャクしてしまうのでなるべく避け、守備範囲の広い2速と3速を多用しています。

シフトチェンジでギクシャクしないためにも、どれくらいのエンジン回転数でシフトアップやシフトダウンするかの目安を事前に把握しておくことは大切ですね。

MT車は街中ではあまり見かけなくなってしまいましたが、クルマを操る楽しさがあります。アクセルやクラッチと対話しながら、交通の流れに乗ってうまく操作できたときの気持ちよさを味わってみてください。

ライター:畑澤 清志

[ガズー編集部]

【監修・解説者】

ドライビングエキスパート(トヨタの元テストドライバー)
滝本 良夫(たきもと・よしお)
約40年にわたりトヨタの運転技術指導員として活躍しながら、車両実験部でハイエース、ダイナ、コースターなどの商用車系開発の実験および商品監査に携わる。2014年に定年退社。