モリゾウRookie Racing活動目的を語る

片岡監督、モリゾウ選手、北川アドバイザー
片岡監督、モリゾウ選手、北川アドバイザー

2020年1月10日(金)に幕張メッセで開幕した東京オートサロン2020。
トヨタガズーレーシングブースにてRookie Racing 2020年の体制発表があった。ピレリスーパー耐久シリーズにGRスープラとGRヤリスで参戦、ドライバーは佐々木雅弘選手、井口卓人選手、蒲生尚弥選手、矢吹久選手、小倉康宏選手、豊田大輔選手、モリゾウ選手(豊田章男)、監督は片岡龍也氏、アドバイザーにはGR出身の北川氏という面々だ。トヨタの育成カテゴリ出身でフォーミュラやGTレースなど様々なレースカテゴリ経験をもつ井口、蒲生選手、箱車プロフェッショナル佐々木選手、トヨタの全てのクルマを評価している凄腕技能養成部矢吹選手、小倉クラッチ小倉社長、トヨタ自動車豊田社長、TRI-ADシニア・バイス・プレジデントの豊田大輔選手という豪華な顔ぶれである。

スープラ
スープラ

GAZOO.comの読者はRookie Racingというチーム名を聞いたことがある人は多いかもしれないが、その目指すところを知っている人は少ないのではなかろうか。4年ぶりに東京オートサロンに帰ってきたモリゾウが、そのRookie Racing活動のきっかけと目的を語った。
事の始まりは、北川氏がモリゾウのご子息豊田大輔氏(以下大輔氏)をトヨタマスタードライバーに育てようと片岡氏、小倉氏にお願いし大輔氏がスーパー耐久で活動を始めたこと。モリゾウはそのお礼としてポケットマネーでクルマを提供、同時にチーム名をRookie Racingに変更した。活動内容をよく知るためにチームメイトとしても参加(ドライバとして走ること)、その後モリゾウはドライバー不足のレースでスーパー耐久のデビューをはたした。

GRヤリス
GRヤリス

そして目的についても語った。
「Rookie Racingはプライベーターチーム。プライベーターチームでレースに参加したことにより、86はレースでデフ、ミッションが壊れることがあることを知った。しかし一般走行で不具合が発生しないため、トヨタ自動車社長の自分に社内でそのような話が上がってきたことはなかった。このようなことから、だんだんプライベータで参加している人達の気持ちがわかってきた。
そして、トヨタのクルマをいろいろなプライベータのレースでスポーツカーとして使ってもらいたいからレースで発生する不具合は解決したいが、プライベーターで参加しないと不具合を知れない、そしてもっといいクルマづくりができない。プライベータチームで参戦するしかないとモリゾウは悟りました。
これがプライベータチームRookie Racingが2020年スープラとヤリスGRの2台でS耐に参戦する理由だ。そして最後に「本来これがGAZOO Racingの原点であるとはずだ。将来的にはトヨタにも役立つと思う」と付け加えた。

モリゾウ選手 小倉社選手長 佐々木選手 大輔選手
モリゾウ選手 小倉選手 佐々木選手 大輔選手

そして大輔氏。大輔氏はマスタードライバーの候補の一人であり、自動運転を研究する会社(TRI-AD)に所属している。
大輔氏は「会社に運転のエキスパートがいないんです。安心感のある運転をわかる人がいないと、自動運転システムもつくれないんです。だから自分がクルマの極限の状態を知ってシステムをつくっていきたい」と抱負を語った。
そしてモリゾウが、「テクノロジー会社と違いリアルのクルマを知っている自動車会社のつくる自動運転はうまい運転ができるんです」と補足した。

最後にクルマづくりのために運転を学んだ凄腕ドライバーと、レースから運転を学んだレーサーは、アプロ―チは異なるが安全に速くクルマを走らせたいと同じことを考えている。「何が違うのか確かめていきたい。これは大企業ではできない」とも語った。

井口選手 蒲生選手 矢吹選手
井口選手 蒲生選手 矢吹選手

<2020 Rookie Racingチームメンバーの展望>

片岡監督:いろいろなスキルの人がクルマを楽めるようにしていきたい
北川アドバイザー:安全第一で取り組みます
佐々木選手:チームの皆でレース車両をもっといいクルマにできるようににお手伝いをさせてもらいます
大輔選手:もっといいクルマを論理的に説明できるように勉強します
小倉選手:まずは開幕戦をしっかり、そしてスープラをドライブできるように頑張ります
井口選手:新しいチャレンジができるのでワクワクしてます
蒲生選手:スープラをさらにいいクルマにするように頑張ります
矢吹選手:少しでもいいクルマになるように頑張ります
モリゾウ選手:アジア、ジェントルマン、ドリームチームなどでメーカの枠を超えてモータスポーツ界を盛り上げていきたい。そしてモータースポーツファン、クルマ好き、バイク好きの人が盛り上がっていく場ができていく力になれればと思っています

Rookie Racingの取り組みは自動車業界全体を考えたものであり、この想いがメーカの枠を超えて、そして様々な自動車業界の多くの人が業界全体についてもう少し考えるようになると、楽しいクルマが増え、クルマ好きが増え、自動車業界全体が活性化していくのだろうと感じた。


GAZOO.comでは愛車広場というクルマ好きの場づくりを行っている。GAZOO.comではスーパー耐久、サードパティの皆さま、プライベータでレースをしている皆さまたちへの取材活動を積極的に行い、クルマ好きの人がもっと盛り上がっていけるような場づくりに微力ですが貢献できるように努めていきたい。

(執筆:JO)

[ガズー編集部]

注目キーワード

#86#BRZ#GRヤリス