元SKE48のモータースポーツ大好きタレント、梅本まどかさん

名古屋・栄をベースに活躍するSKE48と言えば、全国的な知名度を誇るトップアイドル集団。そのSKE48を卒業したばかりの元メンバーが、モータースポーツや自動車メディアで活躍しているのはご存じでしょうか? その女性の名は梅本まどかさん。富士スピードウェイで行われたイベントでは、トヨタ・86のステアリングを握り、念願のレースデビューを果たしました。

プロフィール
梅本まどか(うめもとまどか)
平成4年7月17日生まれ。愛知県名古屋市出身。2010年9月SKE48第4期生オーディションに合格(応募総数5,888名、最終合格者16名)。同年12月にチームE初期メンバーに選抜され、同チームのリーダーに就任。2016年2月、SKE48卒業を発表。現在は地元・名古屋をベースにマルチタレントとして活動する他、バイク関連メディアでもその活躍を見ることができる。

――現在の仕事内容について教えてください。

今年の4月からタレントとして東海地域を中心に活動しています。名古屋を盛り上げるための「ナゴヤ・プロモーション会議」に出席する他、Jリーグ、名古屋グランパスエイト関連のイベントMCにも出演しています。また、モータースポーツが大好きで、F1専門誌「F1速報」(三栄書房)のF1コメントライブや、ダンロップタイヤのタイムアタックイベント「ディレッツァチャレンジ」の体験レポーターを務めています。

――なぜモータースポーツに興味を持ったのですか?

SKE48時代、鈴鹿サーキットで行われるレースのプロモーションのお仕事があり、レーシングドライバーの中嶋一貴選手にお話しを伺ったのがきっかけです。男らしいスポーツと感じたのが第一印象で、鈴鹿8耐(バイクレース)やF1、鈴鹿のファン感謝デーに遊びに行っているうちに、おもしろいと思うようになりました。

鈴鹿サーキットで行われた2&4レースにて。目の前を駆け抜けるマシンのサウンドにしびれっぱなし

――7月30日に富士スピードウェイで行われた「Fuji Green Cup」では、レースデビューされたのですよね?

はい。「CABANA Racing with HYPER REV」から、ドライバーとして出場しました。他の仕事でサーキットを走ったことはあるのですが、レースは初めてで、どんな感じかやってみたいと思い参加しました。その時の模様は86&BRZ専門誌「86&BRZ WORLD」(三栄書房)にたくさんのせてもらいました。

富士スピードウェイの東ゲート前で。レーシングスーツにはスポンサーロゴがびっしりでまるでF1ドライバーのよう!

――実際にレースに参加してみていかがでしたが?

初めてのレース、初めての富士、初めてのトヨタ・86と、初めて尽くしですごく緊張しましたが、チームの人たちがやさしく教えてくれたので安心して走ることができました。Fuji Green Cupはライセンス不要のレースで、富士を初めて走る人が多かったのも心強かったです。86はレース当日の朝、敷地内で少し乗っただけでしたが、ヘルメットをかぶった状態での運転席からの視界も良く、乗りやすいクルマだなと思いました。

Fuji Green Cupは速さだけでは勝てない頭脳レース。梅本さんはチームのアドバイスを受け、86で1周4563mのコースを5周走行。「1~3周目まで手探りで4周目にやっとつかめました。次の周に入らなければならなかったのが残念で、もっと早くつかめていたらと思います」

――トヨタ・86はマニュアルですよね。MT免許を持っているのもなかなかすごいことです。

実は初めて取った免許はAT限定。その後普通二輪を取って、その後、ATの限定解除をしました。AT限定を取る前からマニュアルに興味があったのですが、お母さんから「運動音痴だから取れないんじゃない?」と言われ、最初はAT限定にしようということになりました。ディレッツァチャレンジやFuji Green Cupに出て、クルマを運転する楽しさを知りました。

ヘルメットは仕事でもプライベートでも初めてのジェットタイプ。「赤でとってもかわいかったです。ヘルメットとレーシングスーツ、どちらもいただいたのでいつでもレースに出られます」(笑)。運転席でもさまになっています

――好きなクルマは何ですか?

フェラーリ! 街を走っているフェラーリを見かけるとかっこいいなと思います。F1で好きなチームもフェラーリ。Fuji Green Cupで着たレーシングスーツもフェラーリと同じイメージの赤白だったので、うれしかったです(笑)。好きなF1ドライバーはアロンソ選手とベッテル選手ですね。

梅本さんが出演したF1速報の誌面と。現在はF1速報サイト内でF1を実況中継するF1コメントライブを行っています。「F1速報のフェイスブックでは『勝手に主演男優賞』という企画も担当しています。ぜひ遊びに来てください」

――SKE48に入ったのはなぜですか?

中京大中京高校在学中(3年生)の時に、自分でSKE48のオーディションを受けました。小さい時はクラシックバレエやダンス、高校生の時はチアリーディング(編集部注、在学中は甲子園に何度も行っている)をやっていたので、踊ることは知っていました。高校卒業後は看護の専門学校に行こうと思っていたのですが、お母さんからのアドバイスもあり、最後の挑戦と思い4期生のオーディションを受けました。

――現在の課題は何ですか?

SKE48時代のアイドルのイメージからなかなか抜けられないことです。まだ卒業して半年なので仕方ない部分もありますが、イベントMCなど、これまでと異なる仕事をしてもそう見られてしまうので、タレントとしての梅本まどかを確立していかなければと思っています。

――仕事を通して感じるやりがい、仕事の魅力を教えてください。

たくさんの人と話ができることです。人とかかわることが好きで、いろいろな考え方を持つ人からいつも刺激を受けています。楽しいことも好きで、レースを通じて仲間と盛り上がれるのはとっても幸せなことだと思います。

Fuji Green Cupではサインボード係も体験。「自分の時もサインボードを見てホッとしたので、頑張れという気持ちを込めてやりました」

――この仕事に就いて、ご自身にどのような変化を感じますか?

SKE48時代は常にグループを意識していたのですが、1人になって自分がどうしたいか、やりたいことは何なのか、自分と向き合う時間が増えました。チームE時代はリーダーを任されていたので特にその傾向が強いと思います。

自分の思いを積極的に人に伝える梅本さん。人をグイグイ引き込むトーク力も彼女の才能のひとつです

――今後の目標を教えてください

“名古屋のチアリーダー”として、いろいろなイベントで名古屋を盛り上げたいです。名古屋の魅力はたくさんあるし、美味しいものもいっぱい。みなさんと楽しいことができるように頑張っていきたいと思います。それとモータースポーツを盛り上げる活動をもっとたくさんしたいです!

――お休みの日はどのように過ごしていますか?

お散歩が好きで時間があれば歩いています。バイク(ホンダCB400スーパーFOUR)に乗ることも多く、友だちの家に行く時はいつもバイクで出かけています。風を感じて走るのが好きです。名古屋グランパスエイトの応援にも行きますね。

バイクはSKE48を卒業した今年の2月に購入。南知多の海沿いの道路がお気に入りで、ふらっと出かけることもあるそう

――理想のドライブデートを教えてください。

海や富士山を見るのが好きなので、その近辺でドライブデートしたいですね。高速道路のサービスエリアも大好き。アイスが好きなので食べたいです。私、食べ物にこだわりがなく、好き嫌いがありません。食べていれば幸せです(笑)。運転は交代制がいいですね。運転していると疲れるから、交代しながら目的地を目指すのが楽しそうです。

チアリーディングの経験からか、頑張る人を応援するのが大好きな梅本さん。インタビュー中に時折感じる芯の強さも体育会系の雰囲気で、現場での好感度も高いのは間違いありません。これからは名古屋だけではなく、モータースポーツのチアリーダーとしても活躍を期待しています!

(フリーライター:ゴリ奥野)

取材協力:THE BROOKLYN CAFE テレビ塔店

[ガズー編集部]

MORIZO on the Road