【86 Style with BRZ 愛車紹介 vol.14】操る楽しさが購入の決め手となったBRZオーナー

7月31日(日)、富士スピードウェイで86オーナーの祭典「Fuji 86 Style with BRZ 2016」が行われた。イベントに参加された、86やBRZ、AE86で充実のカーライフを送るオーナーさんをご紹介。

スポーツカーの魅力は、スピードという絶対的な性能だけではなく、感性に訴える部分でも左右される。2014年7月にスバル・BRZを購入したゼロワンさんは、ハイパワーターボエンジンに4WDを組み合わせ、無二の性能を誇る三菱・ランサーエボリューション(通称:ランエボ)と迷った末に選択した。

「BRZもありかなと思って何の気なしに乗ったら想像以上に楽しくて、性能うんぬんという問題は二の次になりました。今ではすっかりお気に入りです」。

ゼロワンさんのBRZを見れば、そのお気に入り度合いは一目瞭然。エクステリアからインテリア、さらに中身に至るまで全ての箇所に手が加えられている。

スポーティなフロントバンパーは、レッグモータースポーツの86用のものをチョイス。人と被らないカスタマイズを目指し、あえて兄弟車のパーツを取り付けた。
「スポーツカーはやはりレッドですね」とこだわりのボディカラーに合わせて、ホイールもレッド系に。オートバックスとワークがコラボレーションした限定品で、ヒドゥンオレンジという見る角度によって色合いが変化するカラーリングがユニークだ。
車高調整式サスペンションはHKSのBRZ専用品を選択。乗り心地などがBRZに最適化されていて、高速道路での快適性が向上したという。
エンジンは吸気系から排気系に至るまでバランス良くチューニング。柿本改のマフラーを選択しているのは、ゼロワンさんの地元がカキモトレーシングと同じ大阪府という愛着から。「サウンドもスタイルもパワーフィールもグッドです」。
インテリアでひときわ目を引くのはインディケーターのメーターキット。シルバーのカラーリングとランプ類が織りなす精巧な計器のようなメカニカル感が、ドライブの楽しさを視覚的に引き出してくれる。

普段から通勤などにBRZを使用しているほか、休日は高速道路を使ってぶらっと出かけるのが楽しみだというゼロワンさん。86&BRZのオフ会にも積極的に参加しているという。さらに「セッティングを仕上げたら、サーキット走行も考えています」。

BRZを手に入れたことで今後の楽しみは尽きないようだ。

[ガズー編集部]

MORIZO on the Road