【86 Style with BRZ 愛車紹介 vol.1】お気に入りのエアロでスタイルを磨く86オーナー

7月31日(日)、富士スピードウェイで86オーナーの祭典「Fuji 86 Style with BRZ 2016」が行われた。イベントに参加された、86やBRZ、AE86で充実のカーライフを送るオーナーさんをご紹介。

走りの楽しさや賑わいを見せているオーナーコミュニティに惹かれ、トヨタ・86を購入した豊田悠太さん。それまで乗っていたスープラを手放し、86を契約したのが昨年の10月。納車は今年の1月で、わずか半年でご覧のような86に変貌した。

最大の特徴はブリッツのエアロパーツを装着したド派手なエクステリア。豊田さんは86が納車になる前からブリッツのフルエアロを装着すると固く心に決めていた熱心なファンで、主要なエアロパーツはすべてブリッツで統一されている。

まずフロントバンパー。「昔GT選手権に出場していたカストロールトムススープラのスライムのような口が好きで。他の人があまりつけていないのも良かったです」。“ニッ”と笑っているような両端のV字と中央のダクトが印象的。
サイドステップはボディ同色に塗るのが一般的だが、購入時に細かく塗り分けを依頼した。白と黒を豊田さんのセンスで配し、スピード感のあるデザインに仕上げている。
ディフューザー&マフラー共にブリッツ。ブリッツは機能部品メーカーとしても知られ、マフラーをはじめとする数々の機能部品をリリースしている。レーシングカーのような大口径テールが迫力。
エアロパーツ装着時にセットで付けようと決めていたカーボン製のGTウイング。空力効果を考えた凝ったデザインで、車体を安定させる効果がある。

86のボディラインとの相性も良く、まとまりのある仕上がりに豊田さんも大満足。今後は車検を機にワイドボディキットを装着し、理想の86をとことん追求していく予定。

「86はパーツも多い上、オーナー同士情報を共有しながらカスタマイズできるのが良いですね。人の輪も広がったし、とっても気に入っています」と豊田さん。

豊田さんのカスタマイズ道はまだ始まったばかりだ。

[ガズー編集部]

MORIZO on the Road