三菱 試乗記

【三菱 アウトランダーPHEV Sエディション 試乗】ビルシュタインの恩恵で走りは欧州風味…諸星陽一

【三菱 アウトランダーPHEV Sエディション 試乗】ビルシュタインの恩恵で走りは欧州風味…諸星陽一

EV走行領域の拡大、エンジン始動性の改良による急加速時レスポンスの向上、EVプライオリティモードの追加、充電時間の短縮などに加えて、足まわりのリセッティング、パーキングブレーキの電動化なども行われた。

【三菱 アウトランダーPHEV Sエディション 試乗】ロングドライブ性能をブラッシュアップ…鈴木ケンイチ

【三菱 アウトランダーPHEV Sエディション 試乗】ロングドライブ性能をブラッシュアップ…鈴木ケンイチ

『アウトランダーPHEV』の魅力のひとつは、EVフィーリングのままでロングドライブができること。エンジンの振動と騒音のないEVでの高速走行は非常に快適だ。また、トルクフルでピックアップが良いというモーターの特性も高速走行に向いている。

三菱 コルトギャランGTO(後編)

三菱 コルトギャランGTO(後編)

実際に「コルト ギャランGTO-MR」に乗り、独特の走りを体感。現代の軽くて操作性の良いハンドルや揺れの少ないサスペンションとは正反対に、当時はグッと重量感のあるハンドルや固いサスペンションといった、力強い乗り心地こそ「男らしい」と支持されていた。そんな当時のトレンドを思い出させる、懐かしい乗り心地を試乗インプレッション! (解説:モータージャーナリスト・熊倉重春)

三菱 コルトギャランGTO(前編)-商品概要紹介

三菱 コルトギャランGTO(前編)-商品概要紹介

1970年、当時アメリカで流行していた「マッスルカー」の影響を直接取り入れ、トランクリッドを跳ね上げた「ダックテール」や、丸型8眼式メーターなど、外観・内観ともにこれまでにない刺激的なデザインで人気を博した「コルト ギャランGTO-MR」。排ガス規制の問題でわずか3年という生産期間ながらも、今なお支持される魅力を徹底紹介! (解説:モータージャーナリスト・熊倉重春)

61~72 / 72