2019年WRCを日本へ!!

2018年1月12日(金)、東京オートサロン2018(幕張メッセ)にてトヨタ・モータースポーツ・クラブの舘会長から2019年度のFIA WRC(世界ラリー選手権)開催予定地としてエントリーしたとの発表がされた。

舘会長は「トヨタ自動車もWRCに参戦しており、日本でも盛り上がっているように思います。まさに日本でWRCを開催する機が熟したと思います。」と語った。

また、日本ラウンド招致準備委員会の発起人である株式会社サンズの高橋浩司氏から愛知・岐阜の両県を含む中部地域が開催予定地として発表された。なお、路面はターマック(舗装路)を予定しており、イベント施設として愛・地球博記念公園(通称モリコロパーク)の使用を計画しているとのこと。

今後の予定としては、11月に開催予定地域にてリハーサルイベントを実施し、12月にFIAの国際競技カレンダーへ掲載されることで正式な開催決定となる模様だ。開催日程は2019年11月で申請予定。

発表会見では、WRCプロモーターのオリバー・シースラ氏や自由民主党モータースポーツ振興議員連盟会長の古屋圭司氏からのビデオメッセージも放映された。

参加メーカーは現在未定とのことだが、GAZOO編集部としては、トヨタをはじめとした国内メーカーが招致活動に向けて積極的に活動することを期待したい。

[ガズー編集部]

MORIZO on the Road