TOYOTA GAZOO Racing、GRヤリス2台体制で2021年JAF全日本ラリー選手権トップクラスに参戦 ―新たに勝田範彦をドライバーに迎え上位を狙う―

TOYOTA GAZOO Racing(以下、TGR)は、GRヤリス2台体制で、2021年JAF全日本ラリー選手権のトップクラス(以下、JN1)に参戦します。新たに勝田範彦をドライバーに迎え上位を狙います。

  • 2021年参戦車両( GR YARIS GR4 Rally )


TGRは、2015年からJAF全日本ラリー選手権への参戦を開始し、モータースポーツの厳しい環境において「人を鍛え、クルマを鍛える」ことを目的に活動を続けてきました。2019年には眞貝知志・安藤裕一組が駆るヴィッツGRMNでJN2クラス年間優勝を獲得しています。

2021年参戦車両のGRヤリスは、FIA世界ラリー選手権(WRC)で得た技術や技能を織り込み、世界のあらゆる道でも思い通りに操れ、誰もが安心して意のままに運転できるクルマとして誕生しました。「モータースポーツ用の車両を市販化する」という逆転の発想で開発した、トヨタ自動車初となるモデルです。
チームに加わる勝田範彦は、JAF全日本ラリー選手権で8度チャンピオンに輝いた実績をもつトップドライバーです。GRヤリスのポテンシャルを十分に引き出し、チームを勝利に導くことが出来るドライバーとして、眞貝知志とともに2台体制で戦います。2021年シーズンも、ドライバー、コドライバー、メカニック、エンジニアが一丸となって挑みます。


■豊岡 悟志(チーム監督)コメント
2021年の目標はGRヤリスでの勝利。勝利に向けて挑む事の全てを”人とクルマを鍛える”に直結させていきます。新たに勝田選手の力をお借りし、眞貝選手との2台体制であらゆる相乗効果を狙います。豊田章男社長、モリゾウはモータースポーツを軸にして、モビリティ、社会を広い視野で考え、全体を盛り上げる事に取り組んでいます。ラリーチームもその想いに先頭をきって応える実戦部隊として、クルマの楽しさや可能性を追求していきます。全日本ラリーでのGRヤリスのデビューを楽しみにしています。応援よろしくお願いします。

■勝田 範彦(ドライバー)コメント
初めてTGRチームに加わり、うれしく思います。ラリー車両の本格的なテストは、まだそれほど行っていませんが、エンジニアには熱意があふれていますし、クルマにはポテンシャルを感じました。私はこれまで30年近くラリーに参戦してきましたが、心機一転、初心にかえってチームと一緒に頑張りたいと思います。強豪ぞろいのJN1クラスで上位を狙い、良い成績を収めることが私の役割です。デビューウイン、そしてチャンピオンを獲る意気込みで臨みます。応援よろしくお願いします。

■眞貝 知志(ドライバー)コメント
TGRチームで4年目を迎え、GRヤリスという新たなチャレンジを楽しみにしています。ハイレベルなJN1クラスで勝田選手とともに走る距離を倍にし、もっといいクルマづくりへフィードバックする。それが私の仕事だと思っています。私自身にとっても、公式戦に初めて4WD車両で臨む挑戦の年ですが、まずは自分の役割を果たすことを目標に頑張ります。一戦ごとにGRヤリスがたくましく速くなっていく姿を、皆様も一緒に楽しんでいただけたらうれしいです。

■宮本 昌司(チーフメカニック)コメント
2021年はメカニックの顔ぶれが大きく変わります。普段製造現場で働く社員や、開発を担うエンジニアなどを含め、社内の幅広い部署から志の高い人材を集めています。ラリー未経験者がほとんどですが、競技の現場や車両の作り込みなど、すべてを学びとして今後に活かしてくれると思っています。JN1クラスのメカニックに肩を並べられるよう頑張ります。

■土井 崇司(エンジニア)コメント
GRヤリスには、ボディ強度や熱対策など、我々がこれまで全日本ラリーで学んだエッセンスも反映されていますが、開発は終わったわけではありません。ラリーの現場で実際に何が起きているかを見極め、開発メンバーに伝達し、もっともっといいクルマに鍛えていきたいと思っています。こうした活動を通じて得た知見をGRヤリスだけでなく、将来の幅広い市販車に落とし込み、今後もよりよい製品をお客様に提供したいと考えています。


チーム名 TOYOTA GAZOO Racing
車両/クラス GR YARIS GR4 Rally / JN1クラス
主な仕様 エンジン 1.6ℓ直列3気筒インタークーラーターボ
駆動方式 スポーツ4WDシステム“GR-FOUR”
ドライバー/コドライバー 勝田 範彦 / 木村 裕介
眞貝 知志 / 安藤 裕一
チーム監督 豊岡 悟志 (トヨタ自動車 凄腕技能養成部 社員)
チーフ・メカニック 宮本 昌司 (トヨタ自動車 凄腕技能養成部 社員)
エンジニア 土井 崇司 (トヨタ自動車 GRプロジェクト推進部 社員)

TOYOTA GAZOO RacingのJAF全日本ラリー選手権における参戦活動は、パートナー企業の皆さまによって支えられています。


トヨタは、革新的で安全かつ高品質なモノづくりやサービスの提供を通じ「幸せを量産する」ことに取り組んでいます。1937年の創業以来80年あまり、「豊田綱領」のもと、お客様、パートナー、従業員、そして地域社会の皆さまの幸せをサポートすることが、企業の成長にも繋がると考え、安全で、環境に優しく、誰もが参画できる住みやすい社会の実現を目指してきました。現在トヨタは、コネクティッド・自動化・電動化などの新しい技術分野にも一層力を入れ、モビリティカンパニーへと生まれ変わろうとしています。この変革の中において、引き続き創業の精神および国連が定めたSDGsを尊重し、すべての人が自由に移動できるより良いモビリティ社会の実現に向けて努力してまいります。

SDGsへの取り組み:https://global.toyota/jp/sustainability/sdgs/


[ガズー編集部]

 

注目キーワード

#86#BRZ#GRヤリス