TOYOTA GAZOO Racing、2021年のSUPER GT、全日本スーパーフォーミュラ選手権に参戦するドライバーを発表

TOYOTA GAZOO Racing(以下、TGR)は、2021年のSUPER GT及び全日本スーパーフォーミュラ選手権に参戦するドライバーを発表しました。

 

2020年SUPER GTでは、GT500クラスへ新たにGRスープラを投入し、最後まで熾烈な戦いを繰り広げましたが、残念ながら僅差でチャンピオン獲得を逃しました。今年は、新型コロナウイルスの影響を考慮し国内レースに専念する山下健太が復帰し、ドライバー、チーム一丸となってチャンピオン奪還を目指します。

2020年全日本スーパーフォーミュラ選手権も、同じく僅差でチャンピオン獲得を逃しましたが、2021年は若手ドライバーの宮田莉朋、阪口晴南を新たに迎え入れ、チャンピオン奪還を目指します。

1) SUPER GT

① GT500クラス

  • 2021年もGRスープラGT500で参戦します。
  • 株式会社トヨタカスタマイジング&ディベロップメント(TCD)を通じ、6チーム・6台に支援を行います。
クラス チーム名 車両名 No. ドライバー タイヤ
GT
500
TGR チーム エネオス ルーキー
(TGR TEAM ENEOS ROOKIE)
ENEOS X PRIME GR Supra 14 大嶋 和也
(Kazuya Oshima 日本)
BS
山下 健太
(Kenta Yamashita 日本)
TGR チーム ウェッズスポーツ バンドウ
(TGR TEAM WedsSport BANDOH)
WedsSport ADVAN GR Supra 19 国本 雄資
(Yuji Kunimoto 日本)
YH
宮田 莉朋
(Ritomo Miyata 日本)
TGR チーム エーユー トムス
(TGR TEAM au TOM'S)
au TOM'S GR Supra 36 関口 雄飛
(Yuhi Sekiguchi 日本)
BS
坪井 翔
(Sho Tsuboi 日本)
TGR チーム キーパー トムス
(TGR TEAM KeePer TOM'S)
KeePer TOM'S GR Supra 37 平川 亮
(Ryo Hirakawa 日本)
BS
サッシャ・フェネストラズ
(Sacha Fenestraz フランス)
TGR チーム ゼント セルモ
(TGR TEAM ZENT CERUMO)
ZENT CERUMO GR Supra 38 立川 祐路
(Yuji Tachikawa 日本)
BS
石浦 宏明
(Hiroaki Ishiura 日本)
TGR チーム サード
(TGR TEAM SARD)
DENSO KOBELCO SARD GR Supra 39 ヘイキ・コバライネン
(Heikki Kovalainen フィンランド)
BS
中山 雄一
(Yuichi Nakayama 日本)

タイヤ=BS:ブリヂストン、YH:横浜ゴム

② GT300クラス

  • GT300クラスには、トヨタプリウスPHV2台、GRスープラ3台とLEXUS RC F GT3 2台が参戦します。
クラス チーム名 車両名 No. ドライバー タイヤ
GT
300
エー・ピー・アール
(apr)
TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT 30 永井 宏明
(Hiroaki Nagai 日本)
YH
織戸 学
(Manabu Orido 日本)
31 嵯峨 宏紀
(Koki Saga 日本)
BS
中山 友貴
(Yuki Nakayama 日本)
埼玉トヨペット グリーンブレイブ
(Saitama Toyopet Green Brave)
埼玉トヨペットGB GR Supra GT 52 吉田 広樹
(Hiroki Yoshida 日本)
BS
川合 孝汰
(Kohta Kawaai 日本)
未定
未定 35 未定 YH
未定
エルエム コルサ
(LM corsa)
SYNTIUM LMcorsa GR Supra GT 60 吉本 大樹
(Hiroki Yoshimoto 日本)
DL
河野 駿佑
(Shunsuke Kohno 日本)
ケーチューンズ レーシング
(K-tunes Racing)
K-tunes RC F GT3 96 新田 守男
(Morio Nitta 日本)
DL
阪口 晴南
(Sena Sakaguchi 日本)
マックス レーシング
(Max Racing)
たかのこの湯 GR Supra GT 244 三宅 淳詞
(Atsushi Miyake 日本)
YH
堤 優威
(Yuui Tsutsumi 日本)

タイヤ=BS:ブリヂストン、YH:横浜ゴム、DL:ダンロップ

2) 全日本スーパーフォーミュラ選手権

  • TRD(Toyota Racing Development)より、直列4気筒2リッター直噴ガソリンターボエンジン(TRD 01F)を6チーム11台に供給します。
  • ドライバーは、宮田莉朋、阪口晴南が新加入します。
  • タイヤは、横浜ゴム製のワンメイク。
チーム名 No. ドライバー
コンドー レーシング
(KONDO RACING)
3 山下 健太(Kenta Yamashita 日本)
4 サッシャ・フェネストラズ(Sacha Fenestraz フランス)
ケーシーエムジー
(KCMG)
7 小林 可夢偉(Kamui Kobayashi 日本)
18 国本 雄資(Yuji Kunimoto 日本)
ルーキー レーシング
(ROOKIE Racing)
14 大嶋 和也(Kazuya Oshima 日本)
チーム インパル
(TEAM IMPUL)
19 関口 雄飛(Yuhi Sekiguchi 日本)
20 平川 亮(Ryo Hirakawa 日本)
バンテリン チーム トムス
(VANTELIN TEAM TOM'S)
36 中嶋 一貴(Kazuki Nakajima 日本)
37 宮田 莉朋(Ritomo Miyata 日本)
ピーエムユー セルモインギング
(P.MU/CERUMO・INGING)
38 坪井 翔(Sho Tsuboi 日本)
39 阪口 晴南(Sena Sakaguchi 日本)

[ガズー編集部]


トヨタは、革新的で安全かつ高品質なモノづくりやサービスの提供を通じ「幸せを量産する」ことに取り組んでいます。1937年の創業以来80年あまり、「豊田綱領」のもと、お客様、パートナー、従業員、そして地域社会の皆さまの幸せをサポートすることが、企業の成長にも繋がると考え、安全で、環境に優しく、誰もが参画できる住みやすい社会の実現を目指してきました。現在トヨタは、コネクティッド・自動化・電動化などの新しい技術分野にも一層力を入れ、モビリティカンパニーへと生まれ変わろうとしています。この変革の中において、引き続き創業の精神および国連が定めたSDGsを尊重し、すべての人が自由に移動できるより良いモビリティ社会の実現に向けて努力してまいります。

SDGsへの取り組み:https://global.toyota/jp/sustainability/sdgs/

注目キーワード

#86#BRZ#GRヤリス