LEXUSがブランド変革を象徴する次世代EVコンセプトカー「LF-Z Electrified」を世界初公開

LEXUSは、今後のブランド変革に向けた取り組みと、その変革を象徴する次世代EVコンセプトカー「LF-Z Electrified」を世界初公開した。

3月30日に「LEXUS CONCEPT REVEAL SHOW」を通じて発表された新たな取り組みでは、カーボンニュートラルや持続可能な開発目標(SDGs)への対応などの社会的使命の高まりに加え、お客様のライフスタイルや価値観の変化などに迅速かつきめ細かく応えるため、お客様の期待を超えるブランドに向けて変革を果たしていくという。

2025年までに世界各国や地域のニーズに応じて、10以上のEV、またPHV、HV等の電動車を含む約20車種の新型や改良モデルを投入する。
さらに、2025年には全車種に電動車を設定し、電動車の販売比率がガソリンエンジン車の比率を上回ることを目指し、2050年には、全モデルラインアップにおける製造から廃棄・リサイクルまでのライフサイクル全体でのカーボンニュートラルを目指したクルマづくりに挑戦していく。

Lexus Internationalの佐藤 恒治 President/Chief Branding Officerは、「コロナ禍において世界中で様々な困難に直面しながらも、懸命に努力をされている全ての皆様へ、心から敬意を表します。我々はカーボンニュートラル社会の実現といった社会的使命を果たしながら、クルマがもたらす楽しさ、喜びをこれからも提供し続けることで、お客様やLEXUSに携わるすべての皆様の幸せと笑顔に貢献してまいります。今年発表する2車種の新型モデルを皮切りに、多様化するお客様のライフスタイルに彩りを添える愛車として、新しい価値を提供するモデルを続々と投入してまいります。モビリティ社会の未来を創るという強い意志を持ったこれからのLEXUSにどうぞご期待ください」と思いを語っている。

世界初公開となった「LF-Z Electrified」は、2025年までの実現を見据えた走りやデザイン、先進技術を織り込んだブランドの変革を象徴するEVコンセプトカーで、EV専用プラットフォーム、新たな四輪駆動力制御技術「DIRECT4」を採用する。
エクステリアは、LEXUSのデザインアイコンであるスピンドル形状をボディ全体のアーキテクチャーとしてさらに進化させたスピンドルボディという新たな表現に挑戦している。

コックピットは、手綱一本で意思疎通を図る人と馬の関係性に着想を得た「Tazuna」という新コンセプトに基づき、運転に集中しながらナビゲーションやオーディオ、ドライブモードセレクトなど、各種機能の操作が可能な空間を実現している。

さらに、ドライバーの嗜好や行動特性を学習したAIによる音声コミュニケーションを通じて、運転中の操作性向上への貢献や、好みや気分に合わせたドライブルートやレストランの予約等、ライフスタイルコンシェルジュとしてドライバーをサポートしてくれるという。

そして、同時に発表となったのは、2024年3月に、Toyota Technical Center ShimoyamaにLEXUSの新たな事業拠点が開設されるということ。
事業所としては、開発の中心となるLEXUS棟と、社外ビジネスパートナーの方々と共創を図るためのメッセ棟の2つの施設がある。

LEXUS棟では、
・最先端のデジタル機器を用いたリアルなクルマづくりを行う開発エリア
・デザイナー、生産技術、空力などの実験部内のメンバーらが、議論を進めながら開発をすすめるデザインエリア
・さまざまな働き方に柔軟に対応できるオフィスエリア
などが置かれる。
メッセ棟は、多くの社外ビジネスパートナーと様々な価値を生み出す共創の場となるという。

LEXUSは、今回発表した先進技術を織り込んだブランドの変革を象徴するEVコンセプトカーと新事業拠点を軸に、創業以来の「常にイノベーションの精神を貫き、お客様に新たな技術や価値を提供することへの挑戦」をますます加速していく。


LEXUS、ブランド変革に向けた取り組みを発表
-次世代LEXUSを象徴するEVコンセプトカー「LF-Z Electrified」世界初公開-
https://global.toyota/jp/newsroom/lexus/34898827.html


トヨタは、革新的で安全かつ高品質なモノづくりやサービスの提供を通じ「幸せを量産する」ことに取り組んでいます。1937年の創業以来80年あまり、「豊田綱領」のもと、お客様、パートナー、従業員、そして地域社会の皆さまの幸せをサポートすることが、企業の成長にも繋がると考え、安全で、環境に優しく、誰もが参画できる住みやすい社会の実現を目指してきました。現在トヨタは、コネクティッド・自動化・電動化などの新しい技術分野にも一層力を入れ、モビリティカンパニーへと生まれ変わろうとしています。この変革の中において、引き続き創業の精神および国連が定めたSDGsを尊重し、すべての人が自由に移動できるより良いモビリティ社会の実現に向けて努力してまいります。

SDGsへの取り組み:https://global.toyota/jp/sustainability/sdgs/

注目キーワード

#86#BRZ#GRヤリス