トヨタ、高度運転支援技術「Advanced Drive(アドバンスド ドライブ)」を搭載したレクサスLS、トヨタMIRAI(ミライ)を発売

トヨタは、LS500h、新型MIRAI(ミライ)に、最新の高度運転支援技術「Toyota Teammate/Lexus Teammate」の新機能「Advanced Drive(アドバンスド ドライブ)」搭載車を設定し、*1、新型LS500hを4月8日、新型MIRAI(ミライ)を4月12日に発売する予定であることを発表した。この新機能は、人とクルマが気持ちを通わせながらお互いを高め合い、人とクルマが仲間のように共に走るというトヨタ自動車独自の自動運転の考え方が「Mobility Teammate Concept」の考えのもとで開発されている。クルマが人から運転を奪うのでも、単に人に取って代わるのでもなく、人とクルマが双方をパートナーとして尊重し合い、運転を楽しみ、時には運転操作を任せることで、本当の安全・安心、移動の自由を実現するというものだ。

Advanced Driveとは?

特徴

Advanced Driveは、Intelligent(知能化)、Reliable(信頼性)、Perceptive(高い認識性能)、Interactive(ドライバーとクルマの対話)、Upgradable(ソフトウェアアップデート)という5つの技術的特長を備えてる。

人が運転しているときのような自然で滑らかな走りを実現し、他車のドライバーにも配慮するなど、常に安全を最優先に判断することでドライバーに信頼される運転操作を目指しているという。運転中に遭遇しうる様々な状況を予測し対応した運転を支援します。また、周辺環境、ドライバーの状態等から危険が予測される場合は、システムが注意を促し、ドライバーはシステムからの提案に応じてシステム操作を判断、指示するなど、双方向のコミュニケーションにより、人とクルマが信頼し合える運転支援を目指しているという。

加えて、ソフトウェアアップデートに対応し、お客様の手に渡った後も、機能の追加・性能向上を続け、使い勝手の向上、最新の安全技術の提供を実施する。

機能

  • cp アドバンスト ドライブ追い越し提案

高速道路や自動車専用道路の本線上の走行を支援するシステムがAdvanced Driveです。ナビゲーションで目的地を設定すると、ドライバー監視のもと、実際の交通状況に応じて車載システムが適切に認知、判断、操作を支援し、車線・車間維持、分岐、車線変更、追い越しなどを行いながら、目的地に向かって分岐までの運転を支援します。

カーブや渋滞、追い越しなど走行中のさまざまなシーンに応じた自然で滑らかな走りを実現、ドライバーの気持ちに寄り添ったスムーズな走りを提供します。

ドライバーに寄り添った運転支援

走行状況に応じた細やかな支援

周辺を走行している車両との並走・追い越し時に、左右の間隔を十分に確保した状態で車線維持を行う。例えば全幅が広い大型車を追い越す際、右に寄りながら走行するなど、車両間の距離が近く不安を感じるような状況を回避することができる。

合流してくるクルマへの配慮

合流地点では、本線に合流してくる車両に対して、早めに減速して車間距離を確保し、相手車両のスムーズな合流を支援する。

車線変更/追い越し

システム側が周辺の車両状況と道路環境を考慮したうえで車線変更可能と判断した場合、ドライバーがステアリングを保持し車線変更先を確認、承認操作を行うことで、自動的に車線変更を行う。また、ドライバーがターンレバー操作をすることで、システムに車線変更動作を要求することもできる。

ドライバーモニターカメラ

ドライバーの運転状態を検知し、ドライバーの脇見・閉眼状態をシステムが検知した場合は、ドライバーに警告。また、ドライバーの安全確認行動をシステムが確認することで、安全に車線変更支援を実行。更に、眠気の兆候も推定し、ドライバーの運転への関与度合いが低下し始めているとシステムが判断した場合、ブザーによる警告やシートベルトの振動、ヘッドアップディスプレイ表示の点滅、いたわり案内アプリによる対話などにより、運転への関与の改善を促す。

事故の防止

緊急ブレーキ

従来のミリ波レーダーとステレオカメラに加えて、望遠カメラ、LiDARと高精度地図に基づく情報を組み合わせ、従来よりも遠くから自車進路上の前方車両を検知することを実現しドライバーによる回避行動を支援する。衝突の可能性があると判断した場合は、カラーメーターやカラーヘッドアップディスプレイの表示とブザーでドライバーに知らせ、衝突の可能性が高いと判断した場合は、高い制動力を発生させ、ドライバーの回避行動を支援しする。

ドライバー異常時対応システム

ドライバーの運転姿勢が大きく崩れた場合や、システムの警告に応答せず無操作状態が継続した場合には、システムはドライバーの運転継続が困難と判断し、ハザードランプの点滅など周囲に警告を行いながら緩やかに減速し、車線内または路肩に停車する。また、停車後にドア解錠やヘルプネット自動接続による救命要請も行い、早期のドライバー救命・救護に寄与する。

お客様と共に育てていくクルマ

ソフトウェアアップデート

無線通信、または販売店での有線接続により、つねに最新のソフトウェア(制御ソフトおよび高精度地図ソフト)に更新。購入後も、クルマに新たな機能が追加され、また性能が向上し、最新の運転支援技術を備えたより安全・安心なクルマへの進化させる

Advanced Drive搭載車について

新型LS搭載と新型MIRAI搭載にAdvanced Driveを搭載、機能は同一である

LS(Advanced Drive搭載車)

発売日2021年4月8日

LS500h “EXECUTIVE Advanced Drive” 17,940,000円
LS500h “version L Advanced Drive” 16,320,000円

北海道地区のみ価格が異なる。価格にはリサイクル料金は含まれない

MIRAI(Advanced Drive搭載車)

発売日2021年4月12日

Z“Executive Package Advanced Drive” 8,600,000円
Z“Advanced Drive” 8,450,000円

※メーカー希望小売価格、、消費税込み。北海道地区のみ価格が異なる。価格にはリサイクル料金は含まれない

フォトギャラリー


トヨタは、革新的で安全かつ高品質なモノづくりやサービスの提供を通じ「幸せを量産する」ことに取り組んでいます。1937年の創業以来80年あまり、「豊田綱領」のもと、お客様、パートナー、従業員、そして地域社会の皆さまの幸せをサポートすることが、企業の成長にも繋がると考え、安全で、環境に優しく、誰もが参画できる住みやすい社会の実現を目指してきました。現在トヨタは、コネクティッド・自動化・電動化などの新しい技術分野にも一層力を入れ、モビリティカンパニーへと生まれ変わろうとしています。この変革の中において、引き続き創業の精神および国連が定めたSDGsを尊重し、すべての人が自由に移動できるより良いモビリティ社会の実現に向けて努力してまいります。

SDGsへの取り組み:https://global.toyota/jp/sustainability/sdgs/

注目キーワード

#86#BRZ#GRヤリス