車を操る楽しさを満喫できる体験型バギーコースがオートポリスにオープン

オートポリスに体験型4輪バギーアトラクション『オートポリス オフロードバギー ヴィレッジ』が2022年10月15日にプレオープンする。グランドオープンは11月上旬の予定だ。

コースは広大で丸太、水深40cmぐらいの水路、ロックセクション、約45度傾斜の階段、ツイストなどのコースが準備されている。裏の山には、かつてモトクロスを行っていたコースも残っているそうで、コース整備をすることにより将来的には、コースとして利用可能になれば魅力はアップする。

このバラエティーに富んだコースを体験するために、カワサキモータース製の「TERYX4 S LE」「MULE PRO-FXT EPS」という2台のバギーが準備されている。TERYX4 S LEは、4人乗りで、軽量なダブルXフレームを採用しスポーティなバギーだ。MULE PRO-FXT EPの、MULE シリーズは30年にわたり全世界で愛用されてきたバギーだ。PRO-FXT EP は6人乗りで、荷台を備えている。2台とも2ペダルなのでAT限定免許の人でも容易に運転できる。

プレオープン時は、インストラクターが運転する車両に同乗し、コースを体験できる。1台当たり同乗人数は、TERYX 3 名まで、MULE 5 名まで同乗可能となる。将来的には、事前に簡単な講習を行うことにより、お客様自身がバギーを運転できるようにすることも検討中だという。普通のSUVでは走破できそうもなない、約45度の階段や急阪(約45度)も洋々と駆け抜ける。体験同乗してみるだけでも、クルマを操る楽しさを体験できるので、興味ある人は是非遊びに行ってみてほしい。

予約方法は、オートポリス公式ホームページ内の予約ページより 申込む必要がある。予約受付開始日につきましては、 決定 次第オートポリス公式ホームページにて告知するそうだ。なお、安全上の観点より、中学生未満のお子様は乗車できない。
 

  • カワサキモータース製  左「MULE PRO-FXT EPS」右「TERYX4 S LE」

    カワサキモータース製  左「MULE PRO-FXT EPS」右「TERYX4 S LE」

  • TERYX4 S LE シート

    TERYX4 S LE シート

  • TERYX4 S LE コックピット

    TERYX4 S LE コックピット

  • 水路 40cmぐらいの水深

    水路 40cmぐらいの水深

  • 45度ぐらいの階段登り 

    45度ぐらいの階段登り 

  • 45度ぐらいの階段下り 

    45度ぐらいの階段下り 

  • 丸太コース

    丸太コース

  • ツイストコース

    ツイストコース

  • ある程度のスピードもだせる

 

(GAZOO編集部)