米国自動車耐久品質調査、レクサスとポルシェが同率トップ…JDパワー調査

レクサスRX450h
J.D.パワーが発表した2017年米国自動車耐久品質調査で、ブランド別ではレクサスとポルシェが同率で1位となった。レクサスは6年連続のトップ。

2017年米国自動車耐久品質調査は、2014年型車を購入してから3年が経過したユーザーを対象に2016年10月から12月にかけて実施。28回目となる今回は177の項目にわたって直近1年間の不具合経験を調査、3万5186人から回答を得た。調査結果における自動車の耐久品質は、100台当たりの不具合指摘件数(PP100)として算出、数値が小さいほど品質が高いことを示す。

トップとなったレクサスおよびポルシェの不具合指摘件数は110PP100だった。3位はトヨタ(123PP100)で、2016年の4位から順位を上げた。4位はビュイック(126PP100)、5位はメルセデス・ベンツ(131PP100)だった。
セグメント別モデルランキングでは、トヨタ(レクサス含む)が18セグメント中10セグメントでアワードを受賞し、これまで一企業が受賞したアワード数では過去最高となった。トップに入ったモデルは、レクサス『ES』『GS』『RX』、トヨタ『アバロン』『カムリ』『FJクルーザー』『プリウス』『プリウスv』『シエナ』『ヴェンザ』。カムリの不具合指摘件数は全ブランド中、最も低かった。

また、GMは4つのセグメントでアワードを受賞。トップに入ったモデルは、シボレー『カマロ』『ソニック』『シルバラードHD』『タホ』だった。そのほか、フォード『F-150』、ホンダ『リッジライン』、メルセデスベンツ『GLKクラス』、フォルクスワーゲン『ティグアン』がアワードを受賞した。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス

MORIZO on the Road