名車復活へ、Castrol TOM'S Supra レストアプロジェクト始動

Castrol TOM'S Supra レストアプロジェクト
トムスは、同社チームのレーシングカーを完全復元する新プロジェクト「Castrol TOM'S Supra レストアプロジェクト2020」を6月22日より開始した。

「Castrol TOM'S Supra」は1995年、トムスの「全日本GT選手権(JGTC)」参戦とともにデビュー、1997年にはトヨタ勢初のシリーズチャンピオンを獲得しJGTCの歴史に名を刻んだ名車。強烈なコントラストのカラーリングとその速さで国内レースファンに鮮明な記憶を刻んだ他、プレイステーション「グランツーリスモ3 A-spec」のオープニングに登場したことで世界的にも知られている。

今回のレストアプロジェクトは、このCastrol TOM'S Supra 1998年モデルの36号車を、ファンの支援のもと、走行可能な状態まで完全復元することが目標だ。同プロジェクトは、オンラインプラットフォーム「Makuake」を通じて行うクラウドファンディング形式となっており、一般からサポーターを募り、プロジェクトの達成を目指す。集まった支援金はレーシングカー「Castrol TOM'S Supra」の復元費用等に充てられる予定で、サポーターには応援購入金額に応じ、参加証ステッカー贈呈や完成披露イベントへの招待、2021年SUPER GTシーズンパスなど、様々なリターンを提供する。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス

MORIZO on the Road