トヨタ スープラRZ、2020年モデルは驚きの進化!100台のみの特別仕様をじっくりと[詳細画像]

トヨタ スープラ RZ ホライズンブルーエディション
先代(A80型)から17年。2019年に販売が開始された新型トヨタ『スープラ』のトップグレード「RZ」に2020年モデルが登場した。登場からわずか1年ながら、エンジンやサスペンションを始め全域に改良が施され、そのパワーは47psものアップとなっている。

改良と同時に100台限定で設定された特別仕様車「RZ ホライズンブルーエディション」を44枚の写真とともに紹介する。


「RZ」2020年モデルの目玉は、3.0リットル直列6気筒エンジンのパワーアップだ。最大トルクは従来型と変わらず500Nmだが、発生回転数を従来の1600~4500rpmから1800~5000rpmへと向上させることで、従来比で47ps(14%)の出力向上を果たし最高出力は387psへ。0-60マイル加速では従来型より0.2秒マイナスの3.9秒を実現した。

エンジン出力に耐えうるボディ剛性を獲得すべく、エンジンルーム内にはブレースを追加している。また足回りにも手が加えられ、2020年モデルは路面追従性と高剛性が両立したサスペンションシステムを搭載。ファインチューニングによってコーナリング時の安定性が高められ、全域で驚くほどパフォーマンスが向上している。


ちなみにボディサイズは従来型と変わらず、全長4380×全幅1865×全高1290mm、ホイールベースは2470mm。重量は10kg増の1640kgとなっている。

今回の特別仕様車「RZ ホライズンブルーエディション」のボディカラーには、その名にもあるホライズンブルーを採用し、マットブラック塗装が施された19インチ鋳造アルミホイールを装備。インテリアではアルカンターラとブラックの本皮を組み合わせたシートを採用。シートやインストルメントパネル、ドアトリム、ステアリングにブルーステッチがアクセントとして散りばめられている。

価格は「RZ」の731万3000円に対し10万円高の741万3000円で、成約順に100台販売される。



(レスポンス 滑川寛)

[提供元:レスポンス]レスポンス

MORIZO on the Road