キメラ『EVO38』、伝統の血統を継ぐ最新スポーツカー

  • キメラEVO38
イタリアのエキゾティックカーメーカー、キメラは、2月22日、新型車『EVO38』を発表した。競技用の車両を公道仕様に仕立てたというコンセプトで開発してきたスポーツカーだ。

キメラによるとEVO38は、アナログ的、物理的かつ機械的な特性を持ち、創造的なインスピレーション、手作業による丁寧な作業、そして代替不可能な人間の感性によって鍛えられている、という。

キメラは2021年、ランチア『ラリー037』の復刻版であるキメラ『EVO37』を発表、そして今回のEVO38の登場となった。1978年から1992年にかけてトリノで製造され、世界中の街路や競技トラックを席巻したスポーツカーやレーシングカーの血統が、途切れることなく自然な進化を遂げていたら、今日、最終進化形として、EVO38という後継者を持っていただろう……、というのがストーリーだ。

パワープラントは2150cc直列4気筒DOHC16バルブ・ターボ付きガソリンエンジンをリアミッドに縦置き、最高出力は600PS@7000-7500rpm、最大トルクは550Nm、2000rpmで400Nmとなっている。これらの数字によって6MTを介して後輪を駆動する。全長4055mm×全幅1905mm、ホイールベース2520mmの車体に収まる乗員は2名。

キメラはEVO38を「ユニバーサルヘア」と表現する。一族の全遺産を受け継ぐ、王朝の象徴で代表者となる者、という意味だ。

  • キメラEVO38
  • キメラEVO38
  • キメラEVO38
  • キメラEVO38
  • キメラEVO38
  • キメラEVO38
  • キメラEVO38
  • キメラEVO37
  • ランチア・ラリー037グループB(1982-83年)

[提供元:レスポンス]レスポンス