ジープ『グラディエーター』改良新型にオフロード仕様「ルビコンX」登場

  • ジープ・グラディエーター 改良新型の「ルビコンX」
ジープは、ピックアップトラックの『グラディエーター』改良新型のオフロード仕様「ルビコンX」(Jeep Gladiator Rubicon)を米国市場で発売した。現地ベース価格は、6万2995ドル(約950万円)だ。

ルビコンXには、オフロード仕様ならではの専用装備を盛り込んだ。ロックトラック4x4システムには、4:1の「4LO」レシオを持つヘビーデューティな第3世代「Dana44」前後アクスルを装備した。フロントとリアのアクスル比は4.10で、「Tru-Lok」の前後ロッキングディファレンシャルも標準装備している。

また、電子制御式フロントスタビライザーディスコネクトを装備した。ロックトラックシステムが、フルタイムのトルクマネジメントを実現する。33インチオールテレーンタイヤにより、低トラクションコンディションでも最適なグリップを可能にするという。

燃料タンク、トランスファーケース、オートマチックトランスミッションのオイルパンなどを保護するため、3枚のスキッドプレートが装着された。荷台コーナーにもスチール製ロックレールを装備している。

  • ジープ・グラディエーター 改良新型の「ルビコンX」
  • ジープ・グラディエーター 改良新型の「ルビコンX」
  • ジープ・グラディエーター 改良新型の「ルビコンX」
  • ジープ・グラディエーター 改良新型の「ルビコンX」
  • ジープ・グラディエーター 改良新型の「ルビコンX」

[提供元:レスポンス]レスポンス