ランボルギーニ、新ロゴ発表…20余年ぶりの刷新

  • ランボルギーニの新ロゴ
ランボルギーニは4月2日、20数年ぶりに刷新した新たなロゴを発表した。

今回のロゴ変更は、サステナビリティと脱炭素化に焦点を当てた「コル・タウリ」戦略の一部。この戦略は、革新と持続可能な進歩を目指し、未来世代への約束を象徴している。ランボルギーニは、車両だけでなく企業文化や価値観にも変革をもたらし、ビジュアル面においても新たな表現を取り入れている。

新ロゴは、ランボルギーニ独自のフォントを使用し、ミニマルながら大胆な色使いが特徴だ。基本色はブランドアイデンティティを象徴する黒と白。黄色と金色がアクセントとして加わる。ロゴ中央の雄牛は、これまで以上に目立つようデザインされ、ランボルギーニのシンボルとしての存在感を高めている。

変更はブランドの表現全体にも及ぶ。ランボルギーニ独特のラインと角を思わせる公式フォントが開発され、新たなコミュニケーションツールとして使用される。デザイン部門「チェントロ・スティーレ」と共同で開発したアイコン群も、デジタルタッチポイントで活用される予定だ。

  • ランボルギーニの新ロゴ
  • ランボルギーニの新ロゴ
  • ランボルギーニの新ロゴ
  • ランボルギーニの公式フォント

[提供元:レスポンス]レスポンス