個人作品からレース参戦発表まで! ワンダーフェスティバル2019[冬]をレポート

2月10日(日)、千葉県千葉市の幕張メッセで「ワンダーフェスティバル2019[冬]」が開催されました。“ワンフェス”の愛称で親しまれるこのイベントは、フィギュアやガレージキットなどの展示や販売が行われる国内最大の造形イベント。いわゆる“キャラクター物”の色が強いイベントですが、クルマ関連の商品やイベントも数多く見られます。

GOODSMILE RACINGの公開イベントでは、小林可夢偉選手の参戦を発表!

まずは、モータースポーツ界で注目される「GOODSMILE RACING & Team UKYO」について。今回は、特設ステージにて、2018年12月に発表した2019年体制の補足情報&新車情報が公開されました。

SUPER GT GT300クラスに参戦するレーシングマシンは、前シーズン同様メルセデスAMG GT3、タイヤはヨコハマタイヤの継続使用となりますが、カラーリングが大きく変更されています。『レーシングミク』と言われる初音ミクのデザインは毎年、違うデザイナーが担当するのが慣例。2019年は『アイドルマスター シンデレラガールズ』などで活躍する杏仁豆腐さんが、そのデザインを担当しました。

チーム代表の安藝貴範さん
チーム代表の安藝貴範さん
会場ではほかに、今シーズンの専属レースクイーンも発表された
会場ではほかに、今シーズンの専属レースクイーンも発表された

SUPER GT以外にも、同チームは昨年に続き、鈴鹿10時間耐久レースに参戦。同レースの3rdドライバーをして今年の“デイトナ24時間”でフェルナンド・アロンソ選手らと総合優勝を果たした小林可夢偉選手の参戦が発表されました。

登壇していたチーム代表の安藝貴範さんは「10時間耐久は賞金が違いますからね、みんな目の色が変わっています(笑)。今、世界5位でアジアでは1位なので頑張りたい」とコメント。なお今回、片山右京監督は残念ながら欠席で、その理由を安藝さんは「国際自転車競技連合の方の仕事もあって忙しいみたいです」と話していました。マルチに活躍する片山右京監督ならではのエピソードですね。

フジミ模型ではスズキ・ハスラーの新作キットを公開

フジミ模型では、5月発売予定の「1/24 車NEXTシリーズ スズキハスラー(G)」を公開。

最近クルマ系プラモデルでよく見られるようになった、塗装しない成形色の状態で、カラーリング表現が可能な色プラ製になる模様。プラモデルメーカーでは、ここ数年こういった作りやすさを重視した製品が増えてきました。背景には新規層獲得の狙いがあるようです。

カプセルトイでもクルマ系が熱い!

クルマ系製品では、カプセルトイも大人気。青島文化教材社は、6月に発売予定の新型スズキ・ジムニーのほか、「スズキハスラーコレクション」、「スバル サンバー&屋台コレクション」などを発表していました。5~6月にかけて、これらのカプセルトイ商品を大きく展開するようです。

キャラクターとのコラボの商品なども注目

キャラクターとのコラボ商品もあり、ハセガワではコミック配信サイト「コミックNewtype」で連載中の『ぜっしゃか!』から、せきはんさんの描き下ろしイラストとアクリルフィギュアに 1/24スケールの「スバル 360 デラックス」のキットを同梱した、「ハセガワ らいとぼっくすシリーズ ぜっしゃか! スバル 360 デラックス w/アクリル製スタンドフィギュア 1/24スケール プラモデル SP381」の全容が明らかにされました。

同メーカーではここ数年、クルマ系のプラモデルに力を入れており、ほかにも「1/72ローゼンバウワー パンサー6×6 空港用化学用消防車」や「1/24 1966 アメリカン クーペ タイプIw/ブロンドガールズフィギュア」などの新製品も公開。アメリカン クーペ タイプは、製品版にはブロンド美女のフィギュアもつくとのこと。以前、同メーカーではバブル時代のギャルをイメージしたフィギュアを製作していましたが、意外と「クルマ+美女」の組み合わせは合うのかもしれませんね。

ワンフェスは、もともとアマチュアの造型師が集まって大きくなったイベントのため、今もアマチュアディーラーが製作したフィギュアが数多く出展されます。もちろん、クルマのフィギュア(ミニカー)も。個人製作のレジン製のキットは、大量生産品とは違う温かみが感じられます。

ネコワークスによるデフォルトミニカーキットは、時代を問わずさまざまな車種がモデル化されている
ネコワークスによるデフォルトミニカーキットは、時代を問わずさまざまな車種がモデル化されている
販売時はレンジの素材色で、好きな色にペイントして仕上げるのも楽しみ
販売時はレンジの素材色で、好きな色にペイントして仕上げるのも楽しみ

ワンダーフェスティバルは、夏と冬の年2回開催。次回も2019年7月28日(日)に同じ幕張メッセで開催されることが決まっているので、興味のある方は足を運んでみては?

▼ワンダーフェスティバル
URL:http://wf.kaiyodo.net/

(取材・文・写真:斎藤雅道 編集:木谷宗義+ノオト)

[ガズー編集部]

あわせて読みたい!

  • 懐かしのクルマ遊具のような筐体も登場!「ジャパンアミューズメントエキスポ2019」
    懐かしのクルマ遊具のような筐体も登場!「ジャパンアミューズメントエキスポ2019」
  • 1980年代の「グループBカー」が今になって続々とモデル化されるワケ
    1980年代の「グループBカー」が今になって続々とモデル化されるワケ
  • 新作ミニカーやプラモデルが続々登場した「宮沢模型展示会 2018秋」をレポート
    新作ミニカーやプラモデルが続々登場した「宮沢模型展示会 2018秋」をレポート
  • 本物そっくりな超本格派! 自動車メーカーとコラボしたリアルな「乗用玩具」がカッコいい
    本物そっくりな超本格派! 自動車メーカーとコラボしたリアルな「乗用玩具」がカッコいい
  • 『日本模型新聞』編集長に聞く、今クルマ系プラモデルが盛り上がっているワケ
    『日本模型新聞』編集長に聞く、今クルマ系プラモデルが盛り上がっているワケ
  • 小さな1台がアートに!? 日本の第一人者に聞く「ミニカー写真」の世界
    小さな1台がアートに!? 日本の第一人者に聞く「ミニカー写真」の世界
  • 「自分のクルマがほしい!」に応えた国産車専門ミニカーメーカー「one model」
    「自分のクルマがほしい!」に応えた国産車専門ミニカーメーカー「one model」
  • 塗装なしでもこの仕上がり! アオシマの新感覚プラモデルはどのように生まれたのか?
    塗装なしでもこの仕上がり! アオシマの新感覚プラモデルはどのように生まれたのか?

コラムトップ

  • コラムトップ
    コラムトップへ