スターレットとサニーだけのレースも!昭和のクルマが全開で走った「JCCA筑波ミーティングサマー」

7月7日(日)、茨城県の筑波サーキットにて、日本クラシックカー協会(JCCA)主催による「筑波ミーティングサマー」が開催。雨空の中、多くのクラシックカーが元気にサーキットを走り回りました。

「JCCA筑波ミーティングサマー」はどんなイベントなのか?

「筑波ミーティングサマー」は、JCCAが主催するレースイベントのひとつ。ほかにも「富士ジャンボリー」「筑波ミーティングエンデュランス」というレースがあり、どれもレースレギュレーションは共通。獲得した総合ポイントにより年間チャンピオンが決定します。

レースに参加できる車両は、主に1960年代から1970年代にかけて生産されたクルマです。年代と車格、改造の度合いによりPクラス、Fクラス、Sクラス、TSクラス、ヒストリックフォーミュラクラス、FLクラスと6つのクラスに大別され、さらにより公平を期すため、各クラス内で排気量別にクラスが分けられます。

また「レースに出るほどではないけれど、同じ年代のクルマとサーキットを走りたい」というJCCA会員に向けて、走行会も行われます。

昭和時代のサーキットの光景がよみがえる

当日は雨が強くなったり弱くなったりと、生憎の空模様。参加車両はABSやトラクションコントロールといった電子デバイスを搭載しておらず、よりドライバーの腕が問われるコンディションです。

雨はクラシックカーに深刻なメカニカルトラブルを引き起こします。反面、例年より気温がずっと低かったため、オーバーヒートが身近なクルマにとってはありがたかったかもしれません。早朝より各クラスの予選が行われ、お昼前より決勝レースが始まりました。各クラスのレースの様子をご覧ください。

 

●Pレース

最初に行われたのは、改造範囲がサスペンションのみに限定されたPクラスのレース。1968年前後に生産されたP68クラスと、1970~75年のP75クラスに分けられ、排気量でそれぞれ2つのクラスに分けられます。

 

●Fレース

1970年までの車両で大幅な改造の許されたFクラス。排気量で3つのクラスに分けられます。

●Sレース

1965年までに生産された車両のS65クラス、1968年前後のS68クラス、70年から75年のS75クラスと、3つのクラスが混走するSレース。サスペンションとエンジンまでの改造が許され、排気量によりそれぞれ2クラスに分けられます。

●ヒストリックフォーミュラレース

スポイラーを持たない葉巻型フォーミュラカー(F3、FJ、Fフォード、F2)で構成され、車両により3つのクラスに分けられます。

●TSカップ

KP61スターレットとB310サニー、2車種限定のクラス。とはいえスターレットは1台のみのエントリーに留まっています。大幅な改造が許され、排気量により2つのクラスと、試験導入されたプロクラスに分けられています。本イベントで一番、人気のあるレースです。

●FLレース

1979年までに生産されたフォーミュラカー(FJ360、FL-B、FL500、FL550)で構成され、車両により2つのクラスに分けられています。

●ジャパンラン1&2/オーバーシーラン

1979年までに生産された国産車、輸入車による走行会です。30分間の走行時間が与えられています。

悪天候によりすべてのレース、走行会は荒れ模様で、幾度もアクシデントが発生しては赤旗が振られました。それでも赤旗が解除されるや、ドライバーは元気よくアクセルを踏み込みます。車両の希少性なんてなんのその! 楽しむことが最優先という気持ちが、見ている側にも伝わってきます。

各レースの総合リザルトは、以下のとおり。

●Pレース(クラス)

1位 浪川 嘉兵衛 ポルシェ911 2.4(P75-2)
2位 菅谷 和浩 ロータスヨーロッパSP(P75-2)
3位 小菅 隆志 ポルシェ911 2.2(P75-2)

●Fレース(クラス)

1位 松並 健一 茨商きぬの湯スズバンサニー(F-1)
2位 松淵 孝太郎 ジールレーシング510ブルーバード(F-2)
3位 小松原 猛 スピードマスターFFDカメアリセリカ(F-2)

●Sレース(クラス)

1位 八幡 毅 ポルシェ911カレラ3.0(S75-2)
2位 関 修治 アルファロメオ2000GTV(S68-2)
3位 篠原 裕明 アルファロメオ1750GTV(S68-2)

●ヒストリックフォーミュラレース(クラス)

1位 築山 健治 ロータス51A(HF-2)
2位 真北 貴史 タイタンMk-4(HF-2)
3位 関口 好夫 ロータス41(HF-3)

●TSカップ(クラス)

1位 菊地 靖 阿久津製作所サニー(TS-E)
2位 雨宮 栄城 インフィニティー☆ウエタケサニー(TS-E)
3位 大八木 龍一郎 DAISHIN Progrexxサニー(TS-1)

●FLレース(クラス)

1位 照沼 正俊 ハヤシ712(FL-2)
2位 金子 健一 ファルコン80A(FL-2)
3位 相川 健司 ファルコン77A(FL-2)

次戦にあたる「JCCA筑波ミーティングエンデュランス」は、10月20日(日)に筑波サーキットで開催されます。クラシックカーや旧車に興味がある方は、観戦してみてはいかがでしょうか?

(取材・文・写真:糸井賢一 編集:木谷宗義+ノオト)

<関連リンク>
日本クラシックカー協会公式サイト
http://www.jcca.cc/

[ガズー編集部]

あわせて読みたい!

  • 1950年代からのカタログや自動車書籍を扱うクルマの本屋「ノスタルヂ屋」@茨城つくば市
    1950年代からのカタログや自動車書籍を扱うクルマの本屋「ノスタルヂ屋」@茨城つくば市
  • 40年以上の歴史に幕。写真で見る「JCCAニューイヤーミーティング ファイナル」
    40年以上の歴史に幕。写真で見る「JCCAニューイヤーミーティング ファイナル」
  • 妙高高原を舞台に公道を封鎖して行われた「妙高ヒルクライムHIL G.P2019」
    妙高高原を舞台に公道を封鎖して行われた「妙高ヒルクライムHIL G.P2019」
  • 昭和~平成を走り抜けた約200台のクルマがサテライト水戸に集結!「昭和のくるま大集合2019」
    昭和~平成を走り抜けた約200台のクルマがサテライト水戸に集結!「昭和のくるま大集合2019」

コラムトップ

  • コラムトップ
    コラムトップへ