シビック タイプRにシボレーのトラックも! サーキットで働くクルマたち<ツインリンクもてぎ編>

サーキットに赴いてレース観戦をする人や、走行会などで実際にサーキットを走行する人なら、サーキットのオフィシャル車両であるコースカーを目にしたことがあるでしょう。しかし、興味はあっても、じっくりと見る機会はあまりないものです。

車種やカラーリング、描かれている呼称もサーキットによりさまざま。ここでは各コースで働くクルマを、すでに引退したクルマを含めて紹介。「どうしてその車種を選んだのか?」といった気になる疑問をコースの関係者に聞いてみました。今回は、「ツインリンクもてぎ編」です。

※サーキットにより呼称は異なりますが、ここでは「コースカー」と総称します。

ツインリンクもてぎのレースコントロールカーは、やっぱりホンダ車

今回、説明してくれたのは、ツインリンクもてぎを運営する株式会社モビリティランド 広報宣伝催事課チーフの上野一郎さんです。まず現在、使用されている代表的なコースカーをご紹介します。

レースコントロールカー

「レースコントロールカー」は、レースなどのイベント時に先導車として活躍する車両です。車種はシビック タイプR(FK2型)を使用しています。

特別なカラーリングは施されておらず、控えめに協賛社ステッカーが貼られているだけの、極めてシンプルな装い。これは「RACE CONTROLの文字を読みやすくするため」だそう。

リアウィングやエアロは、ホンダ車のアフターパーツを開発、販売する「無限」製を使用。回転灯をのぞき、すべて一般でも購入できるので、レースコントロールカーと同じ仕様を作ることも可能だそうです。

運転席回りで特別な装備は、無線関係と回転灯の操作スイッチのみ
運転席回りで特別な装備は、無線関係と回転灯の操作スイッチのみ
助手席には牽引用のロープと小型の消火器が積まれていた
助手席には牽引用のロープと小型の消火器が積まれていた
後部の内装は剥がされ、消火器が積まれている。この消火器は液化炭酸ガスが封入されたもので、使用後、消火剤による二次被害が発生しない
後部の内装は剥がされ、消火器が積まれている。この消火器は液化炭酸ガスが封入されたもので、使用後、消火剤による二次被害が発生しない
ツインリンクもてぎのオフィシャルは、青を基調としたレーシングピットスーツを着用する
ツインリンクもてぎのオフィシャルは、青を基調としたレーシングピットスーツを着用する

現在のシビック タイプRは2年前に導入されたそう。ツインリンクもてぎは1997年にオープンし、最初のレースコントロールカーには、インテグラ タイプR(DC2型)を使用。続いてインテグラ タイプR(DC5型)、次にシビックタイプR(FD2型)を使用しました。入れ替えのサイクルは3~5年とのことです。

手前のクルマが二台目に使用されたインテグラ タイプR(DC5)、奥がその次のシビック タイプR(FD2)。大きくホンダのロゴが描かれ、今のレースコントロールカーよりもシンプルな装い(画像:株式会社モビリティランド)
手前のクルマが二台目に使用されたインテグラ タイプR(DC5)、奥がその次のシビック タイプR(FD2)。大きくホンダのロゴが描かれ、今のレースコントロールカーよりもシンプルな装い(画像:株式会社モビリティランド)

定期的に入れ替えが行われるのは、観客からの注目度が高いレースコントロールカーのみ。ほかのコースカーは実用に耐えられる限り使用されるとのことです。

車種の選定は「そのとき、販売されているホンダ車の中で一番、レースコントロールカーに適した車種」が選ばれるそう。

■サービスカー

アクシデントによりコース上にオイルがまかれた際、現場のオイルが広がらないよう処理を行うのが、サービスカーです。車種は、シボレー S-10。

荷台にはオイル処理用の石灰が積まれている
荷台にはオイル処理用の石灰が積まれている

コース上のオイルをシボレーが処理した後、散水車による清掃が行われます。レース終了後、コースをキレイにするためにも使用されます。

また、ツインリンクもてぎには、タイヤの代わりにクローラーを装着したこんなコースカーも。

これは、スピードを出しすぎてコーナーを飛び出し、グラベル(砂地)で身動きの取れなくなったクルマを救出するためのクルマ。ゴムクローラーを使用できるよう、改造されたダットサンを使用しています。ちなみに、戦車のようにクローラーの回転差で旋回するのではなく、通常のクルマと同様に前輪が操舵して旋回します。

コース内にて、自力で走行できなくなったクルマを救出するレッカー車も、もちろん使用されています。

こちらのフリードスパイクは、車両火災が発生した際に駆け付けるファイヤーテンダーカー。「FIRE TENDER」は消防隊を意味しています。車内には消火器をはじめ、消火活動用の装備が積まれています。

「RESCUE」と書かれたステップワゴンは、レース中のアクシデントにより被害を受けたドライバーを救護するレスキューカーです。応急処置用の医療セットが積まれています。必要に応じてドライバーをコース外に待機する救急車に乗せ換え、病院へと運びます。

牽引用の装備を施した牽引車の姿も。自分で動けなくなったクルマだけでなく、画像のような積載車両なども牽引します。

■オフィシャルカー

オフィシャルカーは、サービスロードを使ってのスタッフ移動のほか、コース上の確認など多目的に使用されるクルマです。

写真は旧型インサイトですが、ツインリンクもてぎ内には、他にも異なるカラーリングの施されたコースカーが多数あります。注意して探せば、いろいろな場所で目にすることができますよ。

レースの主役はもちろんレーシングカーですが、レースを安全に運営するためには、こうしたたくさんのコースカーがあってこそ。サーキットに行った際は、ぜひこうしたコースカーにも注目してみてくださいね。

(取材・文・写真:糸井賢一 編集:木谷宗義+ノオト)

<関連リンク>
ツインリンクもてぎ
https://www.twinring.jp/

[ガズー編集部]

あわせて読みたい!

  • リッター2000kmは当たり前!? 低燃費を競う「Honda エコ マイレッジ チャレンジ」を観戦してきた
    リッター2000kmは当たり前!? 低燃費を競う「Honda エコ マイレッジ チャレンジ」を観戦してきた
  • コアなファンの想いは熱い。20年以上続く「CR-Xデルソルもてぎミーティング」
    コアなファンの想いは熱い。20年以上続く「CR-Xデルソルもてぎミーティング」
  • 【ニュル24時間観戦記】観客席からはわからない! カメラマンの撮影ポイントからしか見られないサーキット
    【ニュル24時間観戦記】観客席からはわからない! カメラマンの撮影ポイントからしか見られないサーキット
  • 【初心者向け】モータースポーツ観戦を楽しむための「専門用語」を簡単解説
    【初心者向け】モータースポーツ観戦を楽しむための「専門用語」を簡単解説

コラムトップ

  • コラムトップ
    コラムトップへ