GAZOO写真教室 18限目 三角形、斜めの線、シンメトリー、構図について考えよう ~クルマをかっこ良く撮りたい!こそっとスキルアップ!~

写真の良し悪しを決める重要な要素の一つが、バランスのとれたアングルです。これは写真に限らず有名な絵画なども、「黄金比」と言われる絶妙なバランスで成り立っています。

では、黄金比を生み出すためには、どうすれば良いのか。バランスの取れたアングルには、ある程度の方程式があります。そのキーワードが、三角形、斜めの線、シンメトリーです。このキーワードを意識してバランスの取れた写真の撮り方を考えていきましょう

 まずはヘッダーに使った写真ですが、これはシンメトリーの典型です。シンメトリーとは、「左右対称」と言う意味ですよね。本来の意味は均整美、釣り合いの取れたと言う意味合いで、写真でいえば“美しく力強い”写真、という感じです。まさにバランスを意識した写真を撮ろうとした場合、最も有効な手法であり、基本となるアングルです。

写真1
写真1

写真1は三角形を意識したアングルです。何が三角形かといえば、ズバリクルマの形です。テールランプからヘッドライトに向かうクルマの形状を利用して三角形を形成しています。

写真2
写真2

写真2もクルマの形を利用した三角形です。こちらは少々わかりにくいかと思いますが、クルマの下部から上部のアンテナに向けての三角形です。

写真3
写真3

写真3は、さらに進化させクルマだけでなく、バックにあるシグナルタワーを利用して三角形を作り出しています。このように、様々な物を利用して三角形を作る事でバランスを取っていきましょう。

写真4
写真4

最後に斜めの線です。写真4は流し撮りですが、クルマを斜めに配置する事で路面も含めて斜めの線を作り出しています。余談ですが僕の好みは、クルマのフロントが下を向いているアングルです。

写真5
写真5

次に写真5ですが、これはバックの看板を利用しています。看板を斜めにすることで、アングルに動きが出てアンバランスの妙。と言った感じのアングルに仕上がっています。

写真6
写真6

写真6は三角形と斜めの線の、両方を意識して撮影したものです。このように全体のバランスを考え、「線」を意識することでワンランク上の写真を撮影することが可能です。皆さんもバランスを考えて、アングルを決めて見てくださいね。

(写真、テキスト 折原弘之)

折原弘之

F1からさまざまなカテゴリーのモータースポーツ、その他にもあらゆるジャンルで活躍中のフォトグラファー。
作品は、こちらのウェブで公開中。
http://www.hiroyukiorihara.com/

[ガズー編集部]

GAZOO写真教室

1限目 クルマをかっこ良く撮りたい!こそっとスキルアップ!
2限目 クルマをかっこ良く撮りたい!こそっとスキルアップ!
3限目 流し撮りにチャレンジしてみよう! ~クルマをかっこ良く撮りたい!こそっとスキルアップ!~
4限目 こんな撮り方もある!ポイントを絞り込んで撮影しよう!  ~クルマをかっこ良く撮りたい!こそっとスキルアップ!~
5限目 スマートフォンで愛車を撮る ~クルマをかっこ良く撮りたい!こそっとスキルアップ!~
6限目 広角と望遠レンズを使ってみよう ~クルマをかっこ良く撮りたい!こそっとスキルアップ!~
7限目 冬は、マジックアワー ~クルマをかっこ良く撮りたい!こそっとスキルアップ!~
8限目 夜景の撮り方 ~クルマをかっこ良く撮りたい!こそっとスキルアップ!~
9限目 コンパクトデジタルカメラでも充分カッコいい!! ~クルマをかっこ良く撮りたい!こそっとスキルアップ!~
10限目 サーキットに出かけよう! ~クルマをかっこ良く撮りたい!こそっとスキルアップ!~
11限目 流し撮りにチャレンジしてみよう! その2 ~クルマをかっこ良く撮りたい!こそっとスキルアップ!~
12限目 流し撮り上級編 ~クルマをかっこ良く撮りたい!こそっとスキルアップ!~
13限目 光と影、ワンランク上のインスタ映えする写真の撮り方 ~クルマをかっこ良く撮りたい!こそっとスキルアップ!~
14限目 紅葉と愛車を撮ろう! ~クルマをかっこ良く撮りたい!こそっとスキルアップ!~
15限目 基本に立ち返り、写真力の地力を上げよう ~クルマをかっこ良く撮りたい!こそっとスキルアップ!~
16限目 上級編!ストロボの使い方、光の当て方 ~クルマをかっこ良く撮りたい!こそっとスキルアップ!~
17限目 光を飼いならす ~クルマをかっこ良く撮りたい!こそっとスキルアップ!~
18限目 三角形、斜めの線、シンメトリー、構図について考えよう ~クルマをかっこ良く撮りたい!こそっとスキルアップ!~