【動画】トヨタ・スプリンター トレノ 試乗インプレッション 車両紹介編

今回紹介するのは、モータージャーナリスト山田弘樹が所有する「スプリンター トレノ」。さまざまなクルマを知る専門家が、このちょっと古めのトヨタ車を溺愛する理由は?


吾輩は赤パンである。
年式はわからない。
主人の下に来たのは2011年で、そのとき吾輩はドンガラだった。

実はGAZOO.comに連載しているコラム『クルマは最高のトモダチ』にも時折出てくる、赤い“パンダトレノ”。通称“赤パン”、これがワタシの愛車です。

そして今日はこの赤パンで愛車自慢をしてくれ、との依頼でしたが……。

困ったなぁ。自慢したいところ、特にないんですよ。なんせ僕のハチロク歴は、21歳のときからだからもう28年!? 通算4台を乗り継いでいるから(正しく言うと1台はレースカーだから並行して所有)、ハチロクはもう“空気みたいな存在”なんですよね。

あって当たり前、ってカンジ。

それでもね、エンジンだけはちょっと自慢ですよ。なんせ当時乗っていた「フェアレディZ(Z33 バージョンnismo)」を手放して組んだ逸品ですから。

AE111の20バルブヘッドを選んだのは、ポート広げないでもパワーが出せるから。なおかつクランクは5.5A-G用鍛造。ボア×ストロークが83×83mmのスクエアで、排気量は単純計算1795cc、当然“マル改”取得済みッ!

あらっ、気づいたらすっかり愛車自慢してましたな。ほかにもあるけど、あとは動画で。

ハチロクはね、今でこそ伝説のクルマみたいになっているけれど、昔はもう、若者の練習カー。うまくなるための“おかわりグルマ”という存在でしたよ。それが奇跡的にしぶとく生き残って、いつの間にか居ついちゃった。

だったら少し、きれいにしてやっかな!

いまハチロクを持ってる同世代のオーナーたちって、そんな気持ちで乗り続けているんじゃないかな?

というわけで後編につづくッ!

(文:モータージャーナリスト・山田弘樹)

[ガズー編集部]

【動画】トヨタ・スプリンター トレノ 試乗インプレッション

  • 【動画】トヨタ・スプリンター トレノ 試乗インプレッション 試乗編
    【動画】トヨタ・スプリンター トレノ 試乗インプレッション 試乗編

あわせて読みたい!

  • 『クルマは最高のトモダチ!』 わたしのハチロクは赤パン…山田弘樹連載コラム
    『クルマは最高のトモダチ!』 わたしのハチロクは赤パン…山田弘樹連載コラム
  • 『クルマは最高のトモダチ!』コラムスタートのご挨拶と、走り出し編集部員とAE86の出会い…山田弘樹 連載コラム
    『クルマは最高のトモダチ!』コラムスタートのご挨拶と、走り出し編集部員とAE86の出会い…山田弘樹 連載コラム
  • 【動画】トヨタ・カローラ ツーリング 試乗編
    【動画】トヨタ・カローラ ツーリング 試乗編
  • 【動画】トヨタ・カローラ ツーリング 車両紹介編
    【動画】トヨタ・カローラ ツーリング 車両紹介編

カタログ

  • トヨタ スプリンタートレノ
    トヨタ スプリンタートレノ

他の試乗記情報はこちら

注目キーワード

#86#BRZ#GRヤリス