【動画】スバル・レヴォーグ 試乗インプレッション 試乗編

「本当に上質になった!」と、ステアリングを握ったモータージャーナリスト島下泰久もビックリ。新世代のプラットフォームをベースに開発された、新型「スバルレヴォーグ」の走りを動画でリポートする。

新型「レヴォーグ」で驚かされたのは走りだけじゃない。今回の試乗は一般道で行ったので、その豊富な機能について紹介することはできなかったが、やはり「アイサイトX」の衝撃にも触れないわけにはいかないだろう。

標準の「アイサイト」も基本性能を大幅に向上させている。そのうえで、このアイサイトXには一定条件がそろった渋滞時に手放しを可能にするハンズオフアシスト、ウインカーレバーの操作で車両が周囲の状況を検知・判断してレーンチェンジを行う車線変更アシスト、カーブ前や料金所での減速制御といった新しい機能が搭載されている。いわゆる自動運転レベルとしてはSAEレベル2で、運転の責任はあくまでドライバーが負うのだが、その精神的、肉体的負担を大きく軽減してくれる、最先端の装備がそろっている。

でも驚かされたのは、豊富な機能がそろっているからというだけが理由ではない。むしろ感心したのは、これらの機能それぞれの制御が緻密で、実践的な意味で使えるものになっているということのほうである。それこそ複雑なことをしていなくても、車線内の中央をぴたっとキープしながら走り、コーナーに入っていく時にもちゅうちょや余計な修正などナシに、スムーズに曲がりだす。ベタな言い方をすれば、熟練ドライバーかのような制御の緻密さが、安心感や信頼感につながっているのである。

安心感、信頼感には、フル液晶メーターにアイサイトXの動作状況が分かりやすく表示されるのも効いている。今、このクルマは何を検知しているのか、あるいはしていないのか、次にどんな動作をしようとしているのか……などが伝わってくるから、安心して見守っていられるという具合だ。

もちろんその大前提としては、緻密な制御に正確に呼応し、忠実に反応するクルマとしての高い基本性能がある。走りがいいだけ、最先端技術がいいだけ……ではなく、あらゆる要素のレベルが高く、しかも方向性がビシッと決まっているのである。

新型レヴォーグは私にとって、久々にうならされたスバル車だ。ヨーロッパの同クラスのクルマだって、ここのまでの走りの質を実現しているクルマは、そうはない。本当に本当に驚かされた一台なのだ。

(文:モータージャーナリスト・島下泰久)

[ガズー編集部]

【動画】スバル・レヴォーグ 試乗インプレッション

他の試乗記情報はこちら

注目キーワード

#86#BRZ#GRヤリス