一目惚れが多い?20代女性オーナーの「クルマ購入エピソード」

「クルマ=男性」のイメージが強すぎるためか、女性が「クルマが好き」と言うと、「クルマを維持できる男性の経済力が好きなんでしょ?」なんて思われてしまうことも…。クルマ好きが多いのはたしかに男性の方ですが、女の子だってクルマが好き!

そこで今回は、輸入車、軽自動車、スポーツカーに乗る20代の女の子3人に、「クルマ好き」になったきっかけと愛車を選んだ理由を聞いてみました。

Yさん、アウディ・A1スポーツバック

「お父さんの影響でクルマ好きになった」というYさんの愛車は、アウディのコンパクトハッチバック「A1スポーツバック」。数あるクルマの中から、なぜその1台を選んだのでしょうか?

「父がクルマ好きで、子供の頃からクルマは身近な存在でした。私がクルマ好きになったのは、間違いなく父の影響です。A1を選んだのは、テレビCMを見て一目惚れしたから。特徴的なヘッドライトを持つアウディならではのフロントマスクに惚れました。試乗してみて、コンパクトカーなのにボディがしっかりしていたのも選んだ理由のひとつ。4年前にローンで購入しました」

一目惚れで決めたそのクルマは今、通勤にも使う相棒となっています。

「1400ccのターボエンジンは街乗りにちょうど良く、走りも安定していて乗りやすいクルマだと思います。お気に入りの相棒ですね。もしも乗り換えるとしたら、アウディ・A5かな。あの美しいボディラインがたまらなく好き。もっと内面も外見も磨き上げて、A5に似合うようになったら乗りたいクルマですね」

りなさん、ホンダ・N−ONE

もともと、特にクルマを持っていなかったというりなさんは、通勤や買い物に必要だなと感じてクルマを買ったのが、クルマにハマるきっかけだったそう。

「必要に迫られて調べているうち、『こんな形のクルマがあるんだ!』とか、『この色が可愛い』と興味を持っていったんですね。それがクルマ好きになったきっかけです」

現在の愛車、N-ONEとの出会いはというと?

「どんなクルマを買おうかといろいろなクルマを見ていたときに、N-ONEのヘッドライトが可愛くて一目惚れしてしまいました。このクルマの顔、ニコッと笑っているように見えませんか? 特にカスタマイズはせず、シンプルにノーマルのまま乗っています」

最初はクルマに興味がなかったりなさんも、今では気になるクルマがあると友達と一緒にディーラーに見に行くようになったとか。やっぱり、可愛いデザインのクルマは女の子にモテますね。

萌さん、日産・シルビア

シルビアに乗る萌さんも、もともとはクルマに興味のなかったひとり。でも、高校時代に観た某クルマ映画に影響されて、「自分もクルマに乗りたい!」と思うようになったのだとか。

「映画で見たシルビアにどうしても乗りたかったんです。最初は一目惚れでしたが、実際に乗ってみると外見も機能性も最高なクルマでした」

サスペンションやマフラーなどを交換しているクルマは、「純正フォグランプと、交換したニスモホーンのシンメトリー感が特にお気に入り」だそう(トップ画像参照)。萌さんは「ほぼノーマルですよ」と謙虚に語りますが、十分素敵なクルマに仕上がっていますよね!

「つい最近、ジムカーナの練習会に参加する機会があって、ものすごく楽しかったんです。これからはスポーツ走行にも挑戦していきたいですね」

ちなみにスポーツ走行に目覚めた萌さんに憧れのクルマを聞いてみると、「FD型マツダ・RX-7」とのこと。リトラクタブルヘッドライトのクルマに乗ってみたいそうです。どこまでもスポーティーなクルマが好きな萌さんの、これからのカーライフが気になります。

クルマ好き女子は「一目惚れ」が多い!

今回インタビューした3人は、全員が「一目惚れ」で愛車を選んでいました。女の子は「一目惚れ」でクルマ好きになるケースが多いのかもしれませんね。これを読んでいる方の中にも、「パッと目に入ったクルマが気になって、結局そのクルマに決めた」という方、いるのではないでしょうか? クルマも人もご縁ですね!

(たるみゆか+ノオト)

[ガズー編集部]

MORIZO on the Road