オフロード走行もOK!ジムニー専門レンタカー「ジムニーレンタルズ」の思い

スポーツカーや輸入車など、個性的な車種をラインナップするレンタカー会社が増えています。中には、ひとつのジャンルに特化して趣味性の高さを売りにする業者も。高知県南国市で2020年3月にオープンした「ジムニーレンタルズ」も、そんな趣味性の高いレンタカーサービスのひとつです。

その名のとおり、スズキ「ジムニー」を専門に扱うレンタカー会社ですが、驚くべきは「オフロード走行OK」ということ。オフロード走行やサーキット走行をNGする業者が多い中、なぜリスクの高いオフロードをOKとしたのでしょうか? そこにはこんな理由がありました。

ジムニーでしか体験できない高知の自然を味わってほしい

ジムニーレンタルズ代表取締役の中村吉秀さんにお話を伺うと、「リョーマの休日がスタートしたことがきっかけ」とのこと。

「リョーマの休日は、高知の自然を体験してもらおうという高知県によるキャンペーンなのですが、高知には普通のクルマでは行けない自然の中にある絶景が多く存在するので、『多くの人に見てほしいな』と考えました。そして、高知空港からクルマで8分、土佐くろしお鉄道後免町駅から徒歩9分という立地に会社があったので、『手ぶらで来て自然を堪能してもらえたら最高だな』『じゃあレンタカーをやろう!』と、思いついたのです」(中村さん)

地元の観光を楽しんでもらうためにレンタカーを……というのなら、ほかにも考える人はいそうですが、中村さんはレンタカーの車種にジムニーを選択します。それは、こんなクルマとの出会いがあったから。

「私はスズキの販売副代理店も運営していて、そこに1台のジムニーが下取りで入ってきました。2代目ジムニーなのですが、マットブラック塗装などの程度カスタムが施されていて、私はそれに一目惚れ。直感的に『このクルマをレンタカーにしたい!』と思い、ここから実現に向けて動き出しました」(中村さん)

こうして迎え入れたマットブラックのジムニーを含めて、3台体制でサービスをスタート。AT車とMT車があり、さまざまなニーズに応えていますが、特徴的なのは「オフロード走行OK」であることです。

「自然の中にある絶景を堪能してほしいので、誓約書にサインをいただいた上で、林道などのオフロード走行をOKとしました。おすすめのルートの紹介もしていますし、不安な方にはオフロード走行の注意点の説明もして、安心して楽しんでいただけるようにしています」(中村さん)

ホームページに「ジムニーとアウトドア専門レンタルショップ」とあるように、ジムニーだけでなくテントや寝袋などのアウトドアグッズの貸し出しも実施。これも「手ぶらで高知に来て、自然を満喫してもらいたい」という、中村さんの思いを形にしたものです。

「県外からのお客様が多いのですが、皆さん最後は笑顔で帰っていかれます。やはり、通常では体験できないオフロード走行を体験しにいらっしゃる方が多いですね。もともと私がオフロード好きというのもありますが、ジムニーが汚れて帰ってくるとちょっと笑顔になってしまいます」(中村さん)

この道走り抜けれるかな……とドキドキしながら走った先には、素晴らしい達成感と絶景があります」と中村さんが言うように、オフロード走行は非日常への入口なのかもしれません。地域振興にもつながる、レンタカーの新しい形がそこにありました。

<関連リンク>
ジムニーレンタルズ
https://jimny-rentals.shop/

(取材・文:西川昇吾 写真:ジムニーレンタルズ 編集:木谷宗義+ノオト)

[ガズー編集部]

あわせて読みたい!

  • ポルシェ公式のレンタカーサービスが登場!実際に乗ってみた
    ポルシェ公式のレンタカーサービスが登場!実際に乗ってみた
  • 「空冷ポルシェ911」が体験できちゃうレンタルサービス「カレシェア」
    「空冷ポルシェ911」が体験できちゃうレンタルサービス「カレシェア」
  • 趣味で始めた「社長の小部屋」は軍用車両の私設博物館!
    趣味で始めた「社長の小部屋」は軍用車両の私設博物館!
  • クルマ雑誌の編集部に潜入!クルマ屋が作る四駆道楽専門誌「CURIOUS」(キュリアス)
    クルマ雑誌の編集部に潜入!クルマ屋が作る四駆道楽専門誌「CURIOUS」(キュリアス)

コラムトップ

MORIZO on the Road