なぜ「電動式」が増えている? パーキングブレーキの操作方法がいろいろある理由

多いのはサイドレバー式や足踏み式、希少なステッキ式もあるし最近は電動式も増えている……。

これは、どのクルマも備える“ある機能”の操作方法です。どの機能かわかりましたか?

そうです。これらはパーキングブレーキの操作方法です。パーキングブレーキとは、止めたクルマが勝手に動き出さないように、タイヤの回転をロックする仕組み。主に駐車時(=パーキング)に使用するのでパーキングブレーキと呼ばれます。かつてはサイドレバー式が一般的だったので「サイドブレーキ」と呼ぶドライバーも多いですね。

もっともスタンダードな「サイドレバー式」

では、それぞれのタイプのメリットとウィークポイントをチェックしてみましょう。サイドレバー式とは、運転席と助手席の間にあるレバーでパーキングブレーキを作動/解除するタイプ。最近まで主流だった方式です。

構造的にシンプルで、特に後輪にパーキングブレーキをかける車両では、部品点数や重量を減らせるのもメリット。また、MT(マニュアルトランスミッション)車では、坂道発進時にアクセル操作と連携しやすいのも特徴です。

ウィークポイントは、操作時に力が求められる(力を入れないとしっかり機能しない)ことや、レバーを設置するためのスペースを必要とすること。そのため、昨今は採用車種が減ってきました。

ミニバンや軽自動車で多く見かける「足踏み式」

サイドレバー式に代わって増えてきたのが、足踏み式です。これは運転席の足元(ブレーキペダルの左)にあるペダルを踏み込むことで、パーキングブレーキを操作するもの。一回踏むと作動、もう一度踏むと解除されます。

  • アクセルやフットブレーキの操作を妨げないよう、パーキングブレーキのペダルは左側にある(写真:工藤貴宏)

メリットは2つあり、ひとつはスペースをとらないこと。だから、運転席と助手席の間を広くしたいミニバンや軽自動車とのマッチングもよく、採用車種が多いのも納得です。

もうひとつは、サイドレバー式と比べて力が要らないこと。力の強い足で操作するから、手で操作するサイドレバー式ほど強い力を必要とせず、ブレーキをかけたり解除したりすることができます。

一方で、MT車には採用できないというウィークポイントも。MT車にはドライバーの足元左にクラッチペダルがあるので、スペースの都合上パーキングブレーキのペダルを追加するのが難しいのです。ちなみに、足踏み式パーキングブレーキの中には作動時にペダルを踏み込み、解除はレバーで行うタイプも存在します。

珍しいけどスペース効率に優れた「ステッキ式」

スペース的に効率がよく、MT車とも組み合わせられるタイプがステッキ式。ハンドルの下あたりにステッキの持ち手のようなグリップがあり、一般的には引っ張るとブレーキが作動、90度回して戻すと解除される仕組みになっています。

サイドレバー式のような運転席脇の操作レバーも、足踏み式のようなペダルも必要としないから空間を有効活用するという面でメリットが大きいのですが、操作性に癖があるなどの理由から採用例はあまり多くありません。今、日本でこのタイプを採用しているもっともメジャーな車種は、トヨタ「ハイエース」でしょう。そのほか、日産「キャラバン」やホンダ「N-VAN」のMT車も採用しています(いずれもAT車は足踏み式を採用)。

採用車種が急激に増えている「電動式」

そして、このところメキメキと採用率が上がっているのが、電動式。モーターを活用してパーキングブレーキの作動/解除を行うので、ドライバーはスイッチを操作するだけ。中にはシフトレバーの操作と連動して、「D」に入れると自動解除、「P」に入れると自動作動するタイプもあり便利です。

メリットは、操作に力がいらず誰でもしっかりとブレーキの作動/解除ができること。操作部を設置するスペースが狭くて済むから、インテリアの設計の自由度が増すことなどがあげられます。さらに、ACC(アダプティブクルーズコントロール)使用中は渋滞で停車するとドライバーが操作しなくても停止保持を行えるなど、先進運転支援機能との相性がよく、将来の自動運転には欠かせない機能ともいえます。

一方で、システムが高額なこと、ほかのタイプと比べて構造的に重量が増えて燃費悪化の要素になり得ることなどがウィークポイント。しかし、クルマの進化においては必要不可欠なので、今後もますます採用車種は増えることでしょう。

平らな場所ではパーキングブレーキは使わなくてもいいの?

ところで、たまに「平らな場所ではパーキングブレーキは使わなくていい」と考えている人がいるようですが、それは誤りです。

たしかに、AT車はシフトを「P」に入れるとトランスミッションをロックする機能が働くので、簡単にはクルマが動かないようになります。しかし、その構造はパーキングブレーキほど強くはないので、何かの拍子に外れたり壊れたりして、クルマが動いてしまうことも……。また、大きな地震などでクルマが揺れると、駐車ブレーキなしではクルマが前後に動く可能性もあります。クルマを離れる際は、確実にパーキングブレーキがかかっていることを確認する癖をつけるようにしましょう。

(文:工藤貴宏/編集:木谷宗義+ノオト)

[ガズー編集部]

コラムトップ