【連載全12話】第1話 アストンマーティンDB5シューティングブレーク…スタイリッシュな3ドアのシューティングブレーク/スポーツワゴン

流麗なスタイルでありながら、趣味を楽しむための実用性も兼ね備えるシューティングブレークとスポーツワゴン。今回は、なかでも個性派として知られる3ドアモデルをピックアップし、週替わりで紹介します。

アストンマーティンDB5シューティングブレーク

映画『007』シリーズの“ボンドカー”として登場したことで、世界中にその名を知られた最高級グランツーリスモ、アストンマーティンDB5。車名の“DB”の由来である当時の社主デビッド・ブラウンはDB5を愛用していたが、スポーツマンである彼はポロ(競技)の道具がトランクルームにおさまらず、ハンティングの際には後席に乗せた猟犬がレザーシートをかんで傷めてしまうことに不満を感じていた。

そうした理由から1965年に生まれたのが、このDB5シューティングブレークである。ベントレーやロールス・ロイスの特製エステートなども手がけていたコーチビルダーのハロルド・ラドフォードが、DB5のボディー後半部をワゴンに改装。ボディー後端に跳ね上げ式テールゲート備え、後席を折り畳めばまずまずの広さのカーゴルームが出現。最高出力282PSを発生する4リッター直6 DOHCエンジンをはじめ機構部分はDB5と同じで、「世界最速のワゴン」と呼ばれた。

正式なカタログモデルではなく、生産台数は12台にすぎないが、インパクトの強いその姿によって、世の中に「狩猟用ワゴン」を意味するシューティングブレークという呼称を広めた。これをきっかけとしてDB6やDBS、V8、ラゴンダなど歴代アストンマーティンの特製シューティングブレークがコーチビルダーによってつくられ、アストン自身も1992年にヴィラージュをベースとするモデルを限定生産。2017年には限定モデルのヴァンキッシュ ザガートにシューティングブレークを加えている。

[ガズー編集部]

【連載全12話】シューティングブレーク/スポーツワゴン特集

  • 第1話 アストンマーティンDB5シューティングブレーク…スタイリッシュな3ドアのシューティングブレーク/スポーツワゴン
    第1話 アストンマーティンDB5シューティングブレーク…スタイリッシュな3ドアのシューティングブレーク/スポーツワゴン

あわせて読みたい「アストンマーティン」の記事

  • 第4話 アストンマーティンDB5…軽くて丈夫! アルミボディーのクルマ特集
    第4話 アストンマーティンDB5…軽くて丈夫! アルミボディーのクルマ特集
  • 「アストンに魔法をかけられて」。2018年式アストンマーティン・ラピードSと相思相愛な女性オーナーのカーライフ(AM401型)
    「アストンに魔法をかけられて」。2018年式アストンマーティン・ラピードSと相思相愛な女性オーナーのカーライフ(AM401型)
  • 【アストンマーティン DB11 AMR 海外試乗】“スーパースポーツ”か、否か…山崎元裕
    【アストンマーティン DB11 AMR 海外試乗】“スーパースポーツ”か、否か…山崎元裕
  • 最先端テクノロジーで600PSのミニカー「1/18スケール アストンマーチン ヴァンキッシュ S 2017」
    最先端テクノロジーで600PSのミニカー「1/18スケール アストンマーチン ヴァンキッシュ S 2017」

カタログ

  • アストンマーティン DB5
    アストンマーティン DB5

名車・旧車トップ

  • 名車・旧車トップ
    名車・旧車トップへ

MORIZO on the Road