【GAZOO クイズ Q.128】「シトロエン2CV」が活躍する宮崎 駿監督のアニメ作品は?

「シトロエン2CV」が活躍する宮崎 駿監督のアニメ作品は?

Aルパン三世 カリオストロの城

B風の谷のナウシカ

C天空の城ラピュタ

D紅の豚

答えはこちら

Aルパン三世 カリオストロの城

「シトロエン2CV」は1948年に発売された大衆車です。先進的な設計思想が詰め込まれたクルマで、十分な走行性能と居住性を備えながら安い価格で供給されました。平面を多用したのどかなスタイルは唯一無二のもので、世界中で愛されています。

スタジオジブリの宮崎 駿監督も熱烈なファンのひとりで、個人事務所に二馬力という名前を付けていたほどです。もちろん、作品の中にも2CVが登場します。『ルパン三世 カリオストロの城』では、ヒロインのクラリスが2CVを運転して追っ手から逃れるシーンが描かれました。このときルパン三世は「フィアット500」に乗っており、フランスとイタリアの名車が競演しています。

実写映画では、『007 ユア・アイズ・オンリー』にジェームズ・ボンドが2CVで「プジョー504」とカーチェイスする場面がありました。

日本では、岡本喜八監督の『殺人狂時代』で仲代達矢が壊れそうな2CVに乗っています。優れたアイコン性を持つ2CVは、映画でも重要な役割を与えられることが多いのです。

※初恋の女性の父親が乗っていたシトロエン2CVを手に入れたオーナーと出会いました。詳しくはこちら。
【愛車紹介】《初恋相手の父親の元愛車!運命的に嫁いできた1990年式シトロエン・2CV Specialとのカーライフ》

https://gazoo.com/ilovecars/vehiclenavi/180731.html

[ガズー編集部]

MORIZO on the Road