【GAZOO愛車広場 出張撮影会 in 愛知】第2部のカメラマン賞は鮮やかなブルーに魅せられたこだわりのブルーコーデST205

2019年10月20日(日)にトヨタ博物館(愛知県長久手市)にて開催した「GAZOO愛車広場 出張撮影会 in 愛知」では、参加台数118台、東海エリアを中心とした様々な愛車のオーナーさんたちにお集まりいただきました。
今回は第2部にご参加いただいた車両の中で、撮影を担当していたカメラマンたちの総意で選ばれたクルマの1台、トヨタ・セリカ(ST205)をご紹介します。

愛車プロフィール

<車種>
トヨタ・セリカ(ST205)

<年代>
90年代(98年式)

<オーナー>
30代男性 愛知県在住

<愛車とのエピソード>
免許取得当時はそれほどクルマに興味はなかったというオーナーさん。セリカを初めてのクルマとして手に入れた時、その存在を知ったブルーマイカの発色に衝撃を受け、いつか乗ることを決意。当初の愛車は白のNAだったものの、運転が上達したタイミングでブルーマイカのGT-FOURに乗り換えを決断。入手後は雨の日には乗らないなど家宝のように扱いながら、組み合わせるパーツもブルーを基本に失敗のないハイエンドパーツをチョイス。今後20年、30年と乗り続けていくためのメンテナンスも欠かさずに行っている。

ボディカラーに合わせたノーマルの雰囲気は大切にしながらも、個性を注入するためにエアロパーツはレアなバリスのフルキットをチョイス。ボンネットとルーフはリペアのために塗り直しているが、そのほかの部分はオリジナルペイントをキープ。

足元のBBSも上質な雰囲気を取り入れるこだわりの逸品。5本スポークの正統派デザインが好みではあるが、より細身のスポークが特徴のRFを装着。純正っぽさを保つため足まわりはあえてノーマル車高でセット。

内装もブルーに合わせたパーツをちりばめるため、シートは限定100脚のレカロ・SP-JJフランカーをセット。シートベルトパッドやシートベルトバックルのカバーなどもブルーを組み合わせる徹底ぶり。

もちろんメーターLEDもブルーの発色に打ち替え済み。普段の足で使うエスティマはDIYで仕上げているが、宝物のセリカに関する作業はすべてショップやディーラーにお願いするなど、愛情のかけ方も別格なんだとか。

[ガズー編集部]

GAZOO愛車広場 出張撮影会

  • GAZOO愛車広場 出張撮影会トップヘ
    GAZOO愛車広場 出張撮影会トップヘ
  • 愛車広場出張撮影会 in 愛知(2019.10.20開催)
    愛車広場出張撮影会 in 愛知(2019.10.20開催)
  • 愛車広場出張撮影会 in 長浜市(2019.3.17開催)
    愛車広場出張撮影会 in 長浜市(2019.3.17開催)
  • 愛車広場出張撮影会 in 秩父市(2018.11.23開催)
    愛車広場出張撮影会 in 秩父市(2018.11.23開催)

愛車広場トップ

  • 愛車広場トップへ
    愛車広場トップへ