箱根の新スポット! 迫力のダイブが魅力的な水陸両用型バス「NINJABUS」に乗ってみた

伊豆箱根バス株式会社が2018年春から運行を開始した「NINJABUS」は、芦ノ湖遊覧と箱根周辺を一度に味わえる水陸両用型のバス。箱根の新しいレジャーとして、すでにハイシーズンには増便になるほどの人気スポットとなっています。陸からそのまま湖へダイブする面白さ以外にも、NINJABUSには楽しみ方がもりだくさん! 実際に乗車してその魅力を体験してきました。

箱根に行きなれた人でも楽しめる陸路コース

NINJABUSは箱根神社を中心にぐるっと一周する陸路と、芦ノ湖を周る水路の両方を楽しむことができます。乗車場所は元箱根と箱根園の2カ所が設けられており、陸路と水路あわせて約40分のコースになっています。

まず驚くのがバスの大きさ!

全長1197cm、重量11300kgという特殊車両型のバスは、近くで見るとかなりの迫力。実際に乗り込んでみると、座席の位置が高く見晴らしが最高です!

バスの座席は赤と黒のツートーンカラー。2人掛けで比較的ゆったりと座ることができます。

NINJABUSの魅力のひとつがガイド。その名の通り、忍者をイメージして作られたバスでは、くのいち忍者とAI技術を駆使して復活したという忍者「WS」(音声ガイド)の2人が、箱根にまつわる忍者の歴史や、なかなか知られていない箱根の隠れた名スポットなどを紹介してくれます。

くのいち忍者のガイドさん。箱根神社の知る人ぞ知るスポット「裏鳥居」の場所を教えてくれます。走行中には箱根に潜んでいる忍者たちから手裏剣が飛んでくることも…?
くのいち忍者のガイドさん。箱根神社の知る人ぞ知るスポット「裏鳥居」の場所を教えてくれます。走行中には箱根に潜んでいる忍者たちから手裏剣が飛んでくることも…?

陸路の醍醐味はなんといっても箱根の景色! 見晴らしはもちろんですが、通常のクルマとは違って木々が目の前に感じられるので、自然をより間近で楽しむことができます。また、箱根の山々は一年を通してその姿が変わるため、季節を問わずに遊べるのも魅力的。

さらに、陸路での楽しさがもうひとつあります。それが、特殊車両のカーブ走行。箱根には急なカーブがたくさんありますが、この大きなバスがカーブに差し掛かるととてもスリリング! 道の幅ギリギリまで飛び出すバスに、「本当に曲がれるの?」とドキドキしてしまいます。箱根は何度もドライブに来ているという人でも、この陸路コースでは新鮮な体験ができるのではないでしょうか。

思いっきり湖へダイブ! 芦ノ湖を満喫できる水路コース

NINJABUSのメインイベントとも言うべき芦ノ湖遊覧が楽しめる水路は、箱根園港から湖へ入水します。湖は海と違って波がないため、かなりのスピードで迫力満点のダイブができるのだとか。

手前には湖が広がる一本道を「このまま突っ込むの……?」というかなりの速度で走っていきます。
手前には湖が広がる一本道を「このまま突っ込むの……?」というかなりの速度で走っていきます。

湖へ着水する瞬間は、フロントガラスや窓に大きな水しぶきがかかり、乗客からは歓声が上がっていました。まるで遊園地のアトラクションのよう。

芦ノ湖へ入ると、陸路とは打って変わってゆったりした速度で走り始めます。湖面スレスレまで車体が潜っているので、手を伸ばせば水に触れられるほど湖が近くに感じられます。

湖面近くから見る箱根の山々は、いつもよりさらに壮大。まるで周囲を取り囲まれたような迫力のある山々には、遊覧船とは違った視点で景色を楽しむことができます。さらに、途中でエンジンを切って湖の揺れを体感したり、わざと揺らしてみたりと、さまざまな方法で乗客を楽しませてくれるのも嬉しいポイント。子どもはもちろん、大人もはしゃいでしまう面白さがありました。

チケットはネット予約がおすすめ! 冬の箱根を楽しもう

楽しいガイドとともに、いつもとは違う視点で箱根の山々と湖を満喫できるNINJABUSは、乗車場所にある窓口でチケットを購入することができますが、ハイシーズンや休日は混み合うことが予想されるので、ネットでの事前予約するのがおすすめ。運賃は大人が2800円、小人(小学生以下)は1400円、幼児(2才以下)は500円です。(※天候や水位などでコース変更する場合があります。その際の返金方法やキャンセルについてはHPをご確認ください)

チケット購入時には、NINJABUSが作れるクラフトペーパーとポストカードがもらえます。旅の思い出になるうれしいプレゼントですね。

運行本数は午前中と午後あわせて1日8本ですが、季節によって本数の増減があるそうです。また、箱根は天気が変わりやすいため、比較的晴れ間の多い午前中の便がおすすめだとか。これからの寒い時期には、箱根から見える雪をかぶった美しい富士山を楽しめるそうです。さらに、春や夏のハイシーズンよりも比較的落ち着いている時期でもあるので、予約が取りやすいと予想されます。

家族連れや友達同士、カップルなど年齢を問わずに楽しめる箱根の新しいレジャースポットNINJABUS。これからの時期、箱根の観光を考えているならぜひ一度乗ってみてはいかがでしょうか。

(取材・文:ヤマウチカズヨ 編集:ミノシマタカコ+ノオト)

<取材協力>
伊豆箱根バス株式会社(http://www.izuhakone.co.jp/bus/
NINJABUS公式サイト(https://www.izu-hakone.com/jp/ninjabus/

[ガズー編集部]

あわせて読みたい!

  • 大迫力のバス&トラックが勢ぞろい! 世界最大の商用車ショー「IAA2018」レポート
    大迫力のバス&トラックが勢ぞろい! 世界最大の商用車ショー「IAA2018」レポート
  • クルマと暮らすその先を提案。「カートラジャパン」で都会の車中泊体験
    クルマと暮らすその先を提案。「カートラジャパン」で都会の車中泊体験
  • 日本にたった3台! 北海道地元食材と見晴らし抜群のレストランバスに乗ってみた
    日本にたった3台! 北海道地元食材と見晴らし抜群のレストランバスに乗ってみた
  • 2年で30万キロ走る巡業バスってどうなってる? プロレス団体ドラゴンゲートのバス車内を初公開!
    2年で30万キロ走る巡業バスってどうなってる? プロレス団体ドラゴンゲートのバス車内を初公開!
  • バスの中がクラブに!話題の「パーティーバス」って一体なに?
    バスの中がクラブに!話題の「パーティーバス」って一体なに?

コラムトップ

  • コラムトップ
    コラムトップへ