第3話 日産パルサー…後ろ姿が印象的なウイング付きのクルマ特集

クルマの空力性能を高めるとともに、そのスタイリングの決め手にもなるのがリアウイング。今回は“立派な羽根”を持つことで知られる名車を日替わりで紹介します。

日産パルサー

1970年に誕生した日産初のFF大衆車であるチェリーをルーツとするパルサー。1978年に登場した初代から数えて4代目となる型式名N14型は1990年にデビューした。WRC(世界ラリー選手権)参戦を前提に開発された、3ドアハッチバックボディーに2リッター直4ターボエンジン+フルタイム4WDシステムを積んだGTI-Rで知られる世代である。

ボディー形式は先代モデルと同じく3ドア/5ドアハッチバックと4ドアセダンだが、注目すべきは5ドアハッチバック。3ドアと基本的に同じプロポーションでドア枚数が異なるのではなく、プジョー309やフィアット・クロマ、サーブ9000などの欧州車に見られるような、短いノッチをもったスタイルを採用していた。

そのトップグレードの1800GTIは、最高出力140PSを発生する直4 DOHC 16バルブのSR18DEユニットを搭載。この種のモデルにしては大型のリアスポイラーを含むエアロパーツを標準で備えていた。このエアロパーツは、初代チェリー由来の高性能グレードの名称を受け継いだ1600X1R(写真)や1500X1にもオプション設定されており、装着車は、日本車には珍しい「大人のホットハッチ」という雰囲気だった。

[ガズー編集部]

後ろ姿が印象的なウイング付きのクルマ特集

  • 第1話 トヨタ・スープラ・・・後ろ姿が印象的なウイング付きのクルマ特集
    第1話 トヨタ・スープラ・・・後ろ姿が印象的なウイング付きのクルマ特集
  • 第2話 ホンダ・NSX-R・・・後ろ姿が印象的なウイング付きのクルマ特集
    第2話 ホンダ・NSX-R・・・後ろ姿が印象的なウイング付きのクルマ特集
  • 第3話 日産パルサー…後ろ姿が印象的なウイング付きのクルマ特集
    第3話 日産パルサー…後ろ姿が印象的なウイング付きのクルマ特集
  • 第4話 BMW M3…後ろ姿が印象的なウイング付きのクルマ特集
    第4話 BMW M3…後ろ姿が印象的なウイング付きのクルマ特集
  • 第5話 三菱GTO…後ろ姿が印象的なウイング付きのクルマ特集
    第5話 三菱GTO…後ろ姿が印象的なウイング付きのクルマ特集

あわせて読みたい「パルサー」の記事

  • 日産パルサー エクサ…リトラクタブルヘッドランプのクルマ特集
    日産パルサー エクサ…リトラクタブルヘッドランプのクルマ特集
  • 日産・パルサー エクサ コンバーチブル…みんなで乗れる国産オープンカー
    日産・パルサー エクサ コンバーチブル…みんなで乗れる国産オープンカー
  • ホットハッチ好きな20代オーナーの愛車の型式はHN15改、日産・パルサーセリエ 2.0 オーテックバージョン
    ホットハッチ好きな20代オーナーの愛車の型式はHN15改、日産・パルサーセリエ 2.0 オーテックバージョン
  • 日産パルサーGTI-R…90年代、リッター100馬力超モデル
    日産パルサーGTI-R…90年代、リッター100馬力超モデル

カタログ

  • 日産パルサー
    日産パルサー

名車・旧車トップ

  • 名車・旧車トップ
    名車・旧車トップへ